スポンサーリンク


スポンサーリンク

スポンサーリンク


最初に【ニ】 のつくゴルフ用語の意味を分かりやすく、解説、説明しています。

 

ニアレストポイント 【nearest point】【動画】

ニアレストポイントとは、動かせない障害物からの救済や、異常なグラウンド状態(修理地など)からの救済を受ける時に、球をドロップしたりプレースしたりする基点となる場所のこと。

 

2019年からの新ルールでは、ニヤレストポイントは ”リファレンスポイント” と呼び方が変わりました.

 

球のライ、スイングやスタンス区域がその障害を避けることができ、ホールに近付かない元の球の位置に最も近い場所のこと。

 

 

二アレスポイント、ニヤレスポイント、ニヤレストポイントといったりもする。

 

 

関連記事

 

カジュアルウォーターや修理地からの救済方法

 

動かせない障害物からの救済方法

 

 

 

【ゴルフルール動画】

 

「カート道路とニヤレストポイント」編
関雅史の3分間ゴルフルール

 

 

ニヤピン

ゴルフのショットでボールをピンに近づけることを競う。

 

「パー3」のホールで行われることが多い。

 

ニアピン ともいう。

 

 

ニブリック

9番アイアンの別名。

スポンサーリンク