スポンサーリンク


スポンサーリンク

スポンサーリンク


ゴルフでよく使われる用語【フ】

 

【フ】 のつくゴルフ用語の意味を分かりやすく、解説、説明しています。

 

 

【このページの内容】

  • ブービー 【booby】
  • ファーストカット
  • ファイナル 【final】
  • フェアウェイ 【fairway】
  • フェアウェイウッド 【Fairway Wood】
  • フェース 【face】
  • フェードボール 【fade ball】
  • フォー 【four】
  • フォアサム 【foursome】
  • フォローウインド 【following wind】
  • フックボール
  • フックライン
  • プッシュアウト
  • プライベートコンペ
  • プライベートハンディキャップ
  • ブラインドホール
  • ブラッシー 【brassie】
  • フラットコース
  • プリファード・ライ 【Preferred lie】
  • プレーオフ 【play-off】
  • プレース 【place】
  • プロビジョナルボール
  • フロントティー
  • フロントナイン

 

 

[ゴルフ場予約]

 

楽天GORA

 

GDOゴルフ場予約

 

【じゃらんゴルフ】

ブービー 【booby】

ゴルフで、最下位から1つ上の順位。

 

ゴルフコンペなどの結果発表で、「ブービー賞」などと使う。

 

最下位を「ブービーメーカー」と言うこともある。

 

 

ファーストカット

フェアウェイの左右に、芝がフェアウェイよりは長めに刈られている帯状の区域。

 

 

ファイナル 【final】

ゴルフでは、決勝戦(ファイナルラウンド)のこと。

 

 

フェアウェイ 【fairway】

ゴルフコースで、ティーグラウンドとグリーンとの間の、芝がよく刈り込まれている整備区域(プレーのしやすい区域)のこと。

 

「フェアウエー」ともいう。

 

 

フェアウェイウッド 【Fairway Wood】

主にフェアウェイから使うウッドの総称。

 

 

フェース 【face】

ゴルフで、クラブヘッドの打球面。

 

 

フェードボール 【fade ball】

ゴルフで、打球が落下直前に速度を失って、打者の利き腕の側へわずかに曲がること。

 

 

フォー 【four】

前方などのプレーヤーに、打球が向かっていることを知らせ、注意を促すかけ声。

 

前方という意味。

 

日本では「ファー」または、「フォアー」という場合もある。

 

 

フォアサム 【foursome】

ゴルフで、四人が二人ずつの二組に分かれ、各組二人が一つのボールを交互に打つ競技方法。

 

 

フォローウインド 【following wind】

ゴルフで、打球を追いやるように吹く風(追い風)。

 

 

フックボール

ゴルフで、打球が途中から打者の利き腕の反対側へカーブを描いて飛ぶこと。

 

「ドローボール」との違いは、フックボールの方が早い段階から曲がりだすので方向のズレが大きくなる。

 

 

フックライン

グリーン上で、ボールが左に曲がるラインのこと(右打ちの場合)。

 

英米では「ライト・トゥ・レフト」という。

 

 

プッシュアウト

押し出されるように、右に出るボール(右打ちの場合)。

 

 

プライベートコンペ

オフィシャル(official=公式・公認)な競技ではないコンペ(競技会)。

 

 

プライベートハンディキャップ

「オフィシャルハンディキャップ」を持たない人同士がラウンドする際に採用されるハンディキャップ。

 

プレーするゴルファー間の合意で成り立つ。

 

 

ブラインドホール

ティーインググラウンドから前方が高くなっていたり、ドッグレッグでグリーンが見えないホール。

 

 

ブラッシー 【brassie】

「2番ウッド」の別名。

 

 

フラットコース

アップダウンのない平らなコース。

 

 

プリファード・ライ 【Preferred lie】

プリファード・ライとは、
好ましい(フェアな)条件にボールが置かれている状態や位置にするという意味。

 

 

ゴルフとは、本来フェアなライ(ボールが静止している状態)の条件のもとでプレーすることを前提としています。

芝の状態が悪かったり、豪雨などの後でボールが止まった位置がフェアウェイにもかかわらず、ぬかるんでいたりするコースのコンディションが悪い状態であった場合、ローカルルールとして「プリファード・ライ」という措置を競技に適用することがある。

 

 

プリファード・ライの処置(措置)
  • ノーペナルティ(無罰)で処置することができる
  • マークしてボールを拾い上げた際にボールを拭くこともできる

 

ただし
ボールの処置の仕方(動かして良い範囲や方法)は、ローカルルールによって適宜決定されている。

 

 

マークしてボールを拾い上げて(ピックアップして)拭いたら、『元の位置にリプレース』なのか、『6インチ以内にプレース』なのか、『1クラブレングス以内にプレース』なのか、コースコンディションの具合や、競技委員の決定によって処置の仕方、方法が異なるので注意が必要だ。

 

 

なので、
プレーヤーは必ずローカルルールでのプリファード・ライの 処置の仕方(詳細)” を確認しておく必要がある。

 

 

  • ボールを拾い上げる前にボールの位置をマークしなければならない。

    (規則 20-1 参照)
    マークしなかったときは、プレーヤーは1罰打を受け、その球はリプレースされなければならない。
    ただし、リプレースされなかったとしても、1罰打を受けただけでプレーを続けることができる。

  • プレースの場合は1度だけ(指が離れたら即インプレーとみなされる)

 

また、通常
プリファードライが適用されるのはフェアウェイにボールがある場合のみ
 
または、フェアウェイと同等かそれ以上に芝を短く刈り込んであるスルーザグリーン全域

 
 
関連記事
リフトアンドクリーン 【Lift and clean】

 

 

 

プレーオフ 【play-off】

ゴルフの試合で、同点や引き分けのときに行う決勝試合(延長戦)。

 

 

プレース 【place】

ゴルフで、ドロップができない場合、規則に基づいてボールを手で地上に置くこと。

 

「リプレース」とは異なる。

 

 

プロビジョナルボール

「暫定球」のこと。

 

関連記事
暫定球

 

 

フロントティー

ティーインググラウンドのうち、通常のラウンドで使うティ。

 

「レギュラーティー」のこと。

 

 

フロントナイン

18ホールのうち、前半の9ホールのこと。

 

「アウト」コースのこと。

<ゴルフクラブ 一覧>

posted with カエレバ

スポンサーリンク