スポンサーリンク


スポンサーリンク

スポンサーリンク


ゴルフでよく使われる用語【ア】

 

【ア】 のつくゴルフ用語の意味を分かりやすく、解説、説明しています。
 

 

【このページの内容】

  • アイアン 【iron】
  • アウト 【out】
  • アゲンスト 【against】
  • アップ 【up】
  • アップヒル 【uphill】
  • アテスト【attest】
  • アプルーブド【approved】
  • アベレージ【average】
  • アマチュア【amateur】
  • アリソンバンカー【alison’s bunker】
  • アルバトロス【albatross】
  • アンジュレーション【undulation】
  • アンダーパー【under par】
  • アンプレヤブル 【unplayable】
  • アーメンコーナー【amen corner】
  • アンカリング【anchoring】

 

 

[ゴルフ場予約]

 

楽天GORA

 

GDOゴルフ場予約

 

【じゃらんゴルフ】

 

アイアン 【iron】

ゴルフの、ヘッド(頭部)が金属でできているヘラ状のクラブ(アイアンクラブ)。

 

アイアン 

 

1番〜3番が「ロングアイアン」
4番〜6番が「ミドルアイアン」
7番〜9番が「ショートアイアン」

 

その他、
ピッチングウエッジ、アプローチウエッジ、サンドウエッジ、ロブウエッジ等のウエッジ類がある。

 

 

アウト 【out】

ゴルフ場は、一般に18ホールで構成されている。

 

そのうちの、
前半のハーフ(1番〜9番まで)の9ホールを「アウト」、または、「アウトホール」という。

 

また、
「アウトコース」、「フロントナイン」ともいう。

 

クラブハウスから遠ざかる(Going Out)ことに由来する。

 

反対に、後半の9ホールを「イン」という。

 

 

アゲンスト 【against】

ゴルフなどで、向かい風(逆風)のこと。

 

「アゲンストウインド」ともいう。

 

 

アップ 【up】

ゴルフのマッチプレーにおいて、リードしていること。

 

1打リードしていれば、「ワンアップ」。

 

 

アップヒル 【uphill】

上り坂。

 

右利きの人の場合、左足が高くなるライのことを「アップヒルライ」という。

 

 

アテスト【attest】

アテストとは、ゴルフで「ストロークプレーの競技終了後」に、マーカーが各ホールの打数が正しいことを証明するためにスコアカードにサインすること。

 

普段、プライベートでラウンドする時のスコアリングは自分で行います。

 

しかし、正式競技では自分で付けたスコアカードを提出することはありません。

 

基本的には、あなたのマーカーがあなたのスコアを付けて、そのマーカーがサインしたものに対して、スコアの承認としてあなたがサインをすることでスコアが成立します。

 

この時のマーカーのサインのことをアテストと言います。

 

またこれら一連の作業自体をアテストと呼ぶ場合もあります。

 

アテストの手順

全てのプレーを終えたらマーカーとスコアの確認を行う。

  1. 双方のスコアに誤りがないか確認
  2. マーカーと自分のサインの確認
  3. 提出用の投函箱にスコアカードを入れる

 

一度提出してしまったスコアカードの内容は変更できないので注意!
 
スコアの過少申告は競技失格例外を除く)。
 
また、
「アテストがない」、もしくは「プレーヤーのサインがない」スコアカードを提出してしまった場合も競技失格

 

関連記事 : ラウンド後のルール

 

 

アプルーブド【approved】

ゴルフプレー終了後、アテストされたスコアカードにプレーヤー本人が署名し、承認すること。

 

アプルーブともいう。

 

 

アベレージ【average】

平均、平均値のこと。

 

アベレージゴルファー、アベレージスコアなどという。

 

 

アマチュア【amateur】

ゴルフのプレーによって、報酬、または営利を目的としない人。

 

ゴルフを職業としてではなく、趣味として愛好する人。
愛好家。
しろうと。
アマ。

 

 

アリソンバンカー【alison’s bunker】

深くてアゴの突き出たバンカーのこと。

 

「チャールズ・アリソン」が好んで作ったために、そう呼ばれている。

 

 

アルバトロス【albatross】

1ホールで決められた基準打数(パー)よりも3打少ない打数。

 

ダブルイーグルともいう。

 

パー5なら2打で、パー4なら1打でホールインする快挙のことを言う。

 

「あほうどり」が語源。

 

 

アンジュレーション【undulation】

地表の起伏。

 

特にゴルフコースでは、フェアウエーやグリーンなどの起伏のこと。

 

 

アンダーパー【under par】

18ホールの標準打数(パー)より少ない打数でホールアウトすること。

 

パーが72の場合、71でホールアウトすれば「ワン・アンダーパー」という。

 

 

アンプレヤブル 【unplayable】

アンプレヤブルは、ボールがウォーターハザード内にあるときを除いて、ボールを打てそうにない場合、いつでもプレイヤーの判断で「アンプレヤブル」と宣言し、1罰打を付加し、救済を受けることができる。

 

 「アンプレイヤブル」、「アンプレアブル」という場合もある。

 

 

関連記事 : アンプレヤブル処置とは?

 

 

アーメンコーナー【amen corner】

ゴルフの祭典マスターズが開かれるオーガスタ・ナショナルコースの11番、12番、13番コースのこと。

 

あまりの難しさに、アーメンと思わず祈りたくなることが由来。

 

 

 

アンカリング【anchoring】

ゴルフでのアンカリングとは、ストロークを行うときに「直接的」あるいは「間接的」に固定して支点や基点(アンカーポイント)を作ることをいう。

 

 

【アンカリングを用いた典型的なストロークの例】

  • 中尺パターのグリップエンドをお腹に当てて支点としてストロークをする打ち方
  • 長尺パターのグリップエンドを胸部に当てて支点としてストロークをする打ち方

 

 

【アンカリングの禁止】

 

<ルール>(2016年 ルールの改正で追加)

 

2016年から、アンカリングは禁止となった(規則 14-1 b 参照)

 

アンカリングの禁止は、パッティングだけではなく、ドライバーからアイアン、すべてのストロークに適用される。

 

 

アンカリングのストロークをしたプレーヤーは、ストロークプレーでは「2ペナルティ(2罰打)となり、マッチプレーでは「そのホールの負けとなる。

 

 

 

「中尺パター」や「長尺パター」などのクラブそのものを禁止しているわけではなく、アンカリングさえしなければ通常のパター同様、今まで通り使用できる。

 

しかし、
このアンカリングの禁止は、主にグリーン上で長尺パターを使用していたプレイヤーにパッティングスタイルの変更を余儀なくされ、影響を与えた。

 

 

USGAによるアンカリング禁止の画像と説明 PDF【英語】 
http://www.usga.org/content/dam/usga/images/infographics/2016-anchoring-the-club-final.pdf 

 

 

<ゴルフクラブ 一覧>

posted with カエレバ

スポンサーリンク