スポンサーリンク


スポンサーリンク

スポンサーリンク


このページのQ&Aではイエロー・ペナルティーエリア と レッド・ペナルティーエリアの違い、黄杭と赤杭の違い、それぞれのルールと処置の違いを説明しています。

 

イエローペナルティーエリア ⇒ 旧称 ウォーターハザード
レッドペナルティーエリア ⇒ 旧称 ラテラルウォーターハザード

 

ペナルティーエリア Q&A(その1)

池ポチャ

Q&A

 

 

ペナルティーエリアのルール<QUESTION>(その1)

〔2019年ルール改訂版〕

 

<QUESTION>

 

イエローペナルティーエリア(黄杭)とは?

 

レッドペナルティーエリア(赤杭)とは?

 

黄杭で囲まれた池の中にボールが入った

 

まわりに赤杭のある小川に入った

 

ペナルティーエリア内だったが、水が無かったのでそのまま打った

 

水の無いペナルティーエリアから打ったら自分のボールではなかった

 

池からあふれ出た水の中にボールが止まった

 

ペナルティーエリアの処置でドロップしたが、スタンスが池にかかって打てず、再ドロップした

 

ドロップすると池に入りそうだったのでプレースした

 

池から打ったボールが出なかった

 

イエローペナルティーエリアなのに、レッドペナルティーエリアの処置をした

 

黄杭のそばにボールが止まったが、邪魔なので杭を抜いた

 

ペナルティーエリアの橋の上にボールが止まって打てない

 

池に入ったボールが最後にラインを横切った地点を同伴競技者と決めプレーしたが、本当は違っていたようだ

 

干上がったペナルティーエリアからキャディが勝手にボールを拾い上げた

 

 

 

ペナルティーエリアのルールクイズQ&A(その2)

 

ペナルティーエリア処置とは

ペナルティーエリアのルール<ANSWER>(その1)

 

<ANSWER>

〔2019年ルール改訂版〕

 

イエローペナルティーエリア(黄杭)とは?

 

イエローペナルティーエリア(黄杭)とは?

コース内にある黄色の杭やラインで示された海や湖、池、川、排水溝、水路などは、水の有無に関わらず、「イエローペナルティーエリア」という(旧称 ウォーターハザード)

 

通常は黄杭や黄色のラインでその限界が示され、黄色の杭やライン自体も白杭同様、その範囲内とみなされる。

 

ボールが一部でも限界に触れていれば、ペナルティーエリア内のボールとなる。

 

一般に、ボールが池に入ってしまうことを「池ポチャ」といったりする。

通称「池ポチャ」の処置(措置)

 

「イエローペナルティーエリア」黄杭での処置は、次の3つから選べる。

 

1) そのまま打つ。(無罰)
2019年ルール改訂
ペナルティーエリア内にあるボールでも、他のエリア同様にクラブヘッドを地面にソールしたり、ルースインペディメントを取り除けるようになった。
さらに、クラブヘッドや手が水に触れても無罰(ノーペナルティ)になりました。

 

2) 1罰打を付加し、そのボールを打った前の位置にドロップする。
前の位置がティーインググラウンドならティーアップできる。
グリーン上ならプレース。

 

3) 1罰打を付加し、ボールがペナルティーエリアの限界を最後に横切った地点と、ホールを結んだ線上の後方(20インチ幅以内)にドロップする。
その際、後方へさがる距離に制限はない。

 

1インチ ≒ 2.54 cm なので、20インチ幅 ≒ 50cm幅

 

参考ページ:ペナルティーエリア処置とは

 

<QUESTION>へ戻る

 

 

 

レッドペナルティーエリア(赤杭)とは?

 

レッドペナルティーエリア(赤杭)とは?

コース内にある赤色の杭やラインで示された海や湖、池、川、排水溝、水路などは、水の有無に関わらず、「レッドペナルティーエリア」という。(旧称 ラテラルウォーターハザード)

 

通常は赤杭や赤色のラインでその限界が示され、赤色の杭やライン自体も白杭同様、その範囲内とみなされる。

 

2019年のルール改訂に伴い、競技委員会は「赤杭や赤色のラインのペナルティーエリアを池や川だけでなく、ブッシュのように木の密集したエリアや、崖、岩場、砂漠エリアなどのように水のないエリアでも、プレーするのが困難なエリアをレッドペナルティエリアに指定することを推奨される」としている。

 

レッドペナルティエリアに入ったボールは、アンプレヤブルより有利な「1罰打を払って、ボールが赤線を横切った所からホールに近づかない2クラブレングス以内のエリアにボールをドロップしてプレー」も選択できることになった。
これにより、ルールが分かり易くなるだけでなく、スピードプレーにも寄与するルールの変更となった。

 

レッドペナルティーエリアでの救済方法(救済処置・救済措置)

 

「レッドペナルティーエリア」赤杭や赤色のライン内での処置は、次の4つから選べる。

 

1) そのまま打つ。(無罰)
2019年ルール改訂
ペナルティーエリア内にあるボールでも、他のエリア同様にクラブヘッドを地面にソールしたり、ルースインペディメントを取り除けるようになった。
さらに、クラブヘッドや手が水に触れても無罰(ノーペナルティ)になりました。

 

2) 1罰打を付加し、最後に境界線を横切った箇所から2クラブレングス以内にドロップ

 

3) 1罰打を付加し、ボールがペナルティーエリアの限界を最後に横切った地点と、ホールを結んだ後方線上(1クラブレングス以内)にドロップする。
その際、後方へさがる距離に制限はない。

 

4) 1罰打を付加し、そのボールを打った前の位置に戻ってドロップする
前の位置がティーインググラウンドならティーアップできる。
グリーン上ならプレース。

 

2019年のルール改訂に伴い、レッドペナルティエリアに入ったボールは、旧称ラテラルウォーターハザードでの救済措置であった「1罰打を付加し、最後にボールが横切った地点とホールから同じ距離にある対岸で、ホールに近づかない区域で、2クラブレングス以内にドロップ」という対岸での処置は無くなったので注意!。

 

参考ページ:ペナルティーエリア処置とは

 

<QUESTION>へ戻る

 

 

 

黄杭で囲まれた池の中にボールが入った

 

池越えの第2打の当たりが悪く、池に入ってしまった(通称:「池ポチャ」)。

次のプレイはどうしたらいいのか。

1ペナルティ(1罰打)

 

<ルール>
イエローペナルティエリアからは3つの処置が選べる。

 

【処置(措置)】
1罰打を加え、定められた位置にドロップしてプレー。

 

そのまま打つ場合は、無罰でプレー。

 

参考ページ:ペナルティーエリア処置とは

 

<QUESTION>へ戻る

 

 

 

まわりに赤杭のある小川に入った

 

フェアウェイに平行して流れる、赤杭が立っているクリークにボールが入った。

そのまま打てる状態でなければ、1ペナルティ(1罰打)でレッドペナルティーエリアの処置をとる。

 

<ルール>
レッドぺナルティーエリアの救済措置をとる。

 

【処置(措置)】
1罰打を加え、レッドペナルティーエリアの処置をしてプレー。

 

参考ページ:ペナルティーエリア処置とは

 

<QUESTION>へ戻る

 

 

 

ハザード内だったが、水が無かったのでそのまま打った

 

池ぎりぎりにボールが止まって、なんとか池ポチャは免れた。

そこは黄杭の範囲内だったが、打つのに問題は無かったので、そのまま打った。

ノーペナルティ(無罰)

 

<ルール>
黄杭エリア(イエローペナルティーエリア)内でも、赤杭エリア(レッドペナルティーエリア)内でも、あるがままに打てるのであれば無罰でプレーできる。

 

【処置(措置)】
無罰でそのままプレー。

 

<QUESTION>へ戻る

 

 

 

水の無いペナルティーエリアから打ったら自分のボールではなかった

 

ボールがペナルティーエリアに入ったが、水も無く打てそうだったので打った。  

しかし、打った後にそれが紛失球だと気づいた。

2ペナルティ(2罰打)

 

<ルール>
ペナルティーエリア内にボールがある場合も誤球が適用される。

 

【処置(措置)】
2罰打を加え、自分のボールを探し出してプレーを続ける。

ペナルティーエリア内も誤球が適用される(バンカーを含む)。

 

そのため、ペナルティーエリア内やバンカー内でも、自分のボールかどうかの確認のためにボールの位置をマークしてから拾い上げることが認められている
それが自分のボールなら、元の状態にリプレースしてから打つことができる。

 

また、これまでのルールでは、ボールの確認の際には「マーカーまたは同伴競技者の立ち合いが必要」だったが、2019年のルール改訂により、その必要はなくなった。

<QUESTION>へ戻る

 

 

 

池からあふれ出た水の中にボールが止まった

 

前夜の大雨で池が増水し、黄杭の外のフェアウェイ部分まで水の範囲が広がっており、その中にボールが止まってしまった。

ノーペナルティ(無罰)でカジュアルウォーターの救済を受ける

 

<ルール>
ウォーターハザードの限界からあふれた水は、カジュアルウォーターである

 

【処置(措置)】
無罰で、カジュアルウォーターの救済を受けてプレー。

 

<QUESTION>へ戻る

 

 

 

ペナルティーエリアの処置でドロップしたが、スタンスが池にかかって打てず、再ドロップした

 

「池ポチャ」してボールがペナルティーエリアに入ったのでドロップしたが、スタンスが池にかかるので再ドロップした。

1ペナルティ(1罰打)

 

<ルール>
ペナルティーエリアにスタンスがかかっても救済は無い。

 

【処置(措置)】
ボールに触れたことに対する1罰打を加え、最初にドロップした場所にリプレースして、プレーを続ける。
または、
ボールに触れたことに対する1罰打を加え、アンプレヤブルの処置をとる。

ペナルティーエリアの処置でドロップしたにもかかわらず、以下のような区域にボールが転がり込んだ場合は罰無しで、再ドロップしなければならない。

  • ペナルティーエリア内
  • グリーン上
  • OB区域
  • ドロップした際に初めにコース上にボールが落ちた箇所から1クラブレングス以上、または、2クラブレングス以上の範囲 (採用した救済方法による)
  • ペナルティーエリアの限界を最後に横切った地点よりホールの近くに転がった場合

 

<QUESTION>へ戻る

 

 

 

ドロップすると池に入りそうだったのでプレースした

 

ドロップ位置が池の縁だったので、ドロップしても転がって池に入りそうだった。

ボールが無くなってしまうので、プレースしてプレーを続けた。

2ペナルティ(2罰打)

 

<ルール>
ボールをプレースしてもいいのは、再ドロップをしても また同様の状況に陥った場合であり、さらにプレースする位置は、再ドロップした際にボールが最初にコース上に落ちた地点に最も近い所となる。
したがって今回の事例は、誤所からのプレーとなり2罰打となる。

 

【処置(措置)】
プレースしたボールをプレーしてしまったので、誤所からのプレーの2罰打を加え、そのままプレー。

 

プレースしただけなら無罰でドロップすればよいのだが、プレーして(打って)しまっているので2罰打を加えて そのままプレーすることとなる。
その際、やり直す必要はない。

 

<QUESTION>へ戻る

 

 

 

池から打ったボールが出なかった

 

ボールは池ポチャで水中だった。

しかし、浅かったのでそのまま打ったが、池から出ずに、もっと深いところへ行ってしまった。
今度こそ打てなくなってしまった・・・。

その前のプレーまで1ペナルティ(1罰打)で戻ることができる。

 

<ルール>
ペナルティーエリアからプレーしたボールが出なかった場合、その前のプレーまで1罰打で戻ることができる。

 

【処置(措置)】
1罰打を加え、ペナルティーエリアの処置をとってプレーを続ける

池ポチャで、ペナルティーエリア内から打ったボールが一度も外へ出ず、そのまま池の中に入った場合、ペナルティーエリアの3つの処置の応用的な処置の選択肢がある(1以外に)。

 

1)あるがままプレー

 

2)1罰打を加えて、ペナルティーエリア内で最後にプレーした場所にドロップ

 

3)1罰打を加えて、最初にペナルティーエリアに入ったとき、その限界を横切った地点とホールを結ぶ後方線上にドロップ
(レッドペナルティーエリアの場合はその地点からホールに近づかず2クラブレングス以内にドロップも選択できる)

 

4)1罰打を加えて、最初にペナルティーエリアに入ったボールを打った地点に戻ってドロップ(ティーイングエリアならティーアップできる)

 

もし、
前記 2)の処置を選んでボールをドロップし、それが転がって打てない状況になっても再ドロップは認められていない。
この場合は、さらに1罰打を追加して、3)あるいは 4)の処置をあらためてとらなくてはならない。

 

ただし、
ホールに近づいた場合や、2クラブレングスまたは1クラブレングス(救済方法による)以上転がった場合は、再ドロップが認められている。

 

なお、
ペナルティーエリア内にあるボールに対しては、アンプレヤブルの処置をとることはできない。

 

<QUESTION>へ戻る

 

 

 

イエローペナルティーエリアなのに、レッドペナルティーエリアの処置をした

 

イエローペナルティーエリアを示す黄杭の範囲内だったのに、勘違いしてレッドペナルティーエリアの処置をとってしまった。

3ペナルティ(3罰打)

 

<ルール>
イエローペナルティーエリアに入ったことに対し処置したことの1罰打と、誤所からのプレーの2罰打が課せられる。

 

【処置(措置)】
3罰打を加え、そのままプレー。

 

ただし、
プレーする前であれば、無罰でボールを拾い上げ、イエローペナルティーエリアの処置をとることができる。

 

<QUESTION>へ戻る

 

 

 

黄杭のそばにボールが止まったが、邪魔なので杭を抜いた

 

池ポチャは免れたものの、ウォーターハザードの黄杭に寄り添うようにボールが止まっていた。

邪魔なのでそれを抜いて打った。

ノーペナルティ(無罰)

 

<ルール>

 

赤杭、黄杭、青杭は動かせる障害物と認められる。

 

動かせる障害物は、ペナルティーエリア内でも取り除くことができる。

 

OB区域を示す白杭は固定物なので動かすことはできない。
また、赤杭や黄杭でも抜けない場合は、動かせない障害物となる。

 

【処置(措置)】
無罰で、そのままプレー。

 

杭を抜いた時にボールが動いた場合、罰無しでリプレースしてプレーを続ければ良い。

 

<QUESTION>へ戻る

 

 

 

ハザードの橋の上にボールが止まって打てない

 

橋の上にボールが止まった。

そのまま打とうとしたが橋の欄干が邪魔になって打てない。

ノーペナルティ(無罰) または、1ペナルティ(1罰打)

 

<ルール>
ペナルティーエリアの上に架かる橋は障害物だが、救済は受けられない。

 

【処置(措置)】
無罰でそのまま打つか、ペナルティーエリアの処置をとってプレー。

 

<QUESTION>へ戻る

 

 

 

池に入ったボールが最後にラインを横切った地点を同伴競技者と決めプレーしたが、本当は違っていたようだ

 

Aのボールがペナルティーエリアのラインを最後に横切った地点を同伴競技者と決め、他の同伴競技者もその辺だと告げたので、その地点の後方線上に別のボールをドロップしてプレーを続けた。

 

次のホールへ行くと前の組のプレーヤーが見ていたらしく、ボールが最後に横切った地点は50ヤードほど後ろだったと伝えられた。
Aに罰はつくのか?

ノーペナルティ(無罰)

 

このケースでは、誤所からのプレーによる罰打(ペナルティ)を適用するのは妥当ではない。

 

<ルール>
ペナルティーエリアのラインを最後に横切った地点を同伴競技者と決めたということは、競技者が公正に判断したとみなされる。

 

【処置(措置)】
無罰でプレーを続ける。

 

<QUESTION>へ戻る

 

 

 

干上がったウォーターハザードからキャディが勝手にボールを拾い上げた

 

プレーヤーAがティーショットしたボールがペナルティーエリアに入った。  

そのペナルティーエリアは干上がっており、水がなかったのでキャディが探しに行き、ボールを見つけたのでAの許可を得ず拾い上げて、Aに渡した。
Aに罰はつくのか?

ノーペナルティ(無罰)

 

<ルール>2019年ルール改訂
そのほか、パッティンググリーン上の球をキャディがマークして拾い上げる時も、プレーヤーの承認はいらなくなった。

 

【処置(措置)】
1罰打を払うペナルティーエリアからの救済の処置をしてプレー。

 

 

[改訂前(2018年まで)のルール]
「Aの許可なくキャディがボールを拾い上げた時点で1ペナルティ(1罰打)となる」だった。

 

今回の例では、キャディーはボールを見つけた時点で、Aにそのままプレーするのか、ボールを拾い上げるのかを問いただしてから、ボールを拾い上げなければいけない。

 

そうしていれば罰は付かない。

 

<QUESTION>へ戻る

スポンサーリンク