スポンサーリンク


スポンサーリンク

スポンサーリンク


〔2019年ルール改訂版・新ルール〕

 

ゴルフのプレー中のトラブル!

 

ゴルフにトラブルはつきもの!?

 

トラブルの連続!?

 

ゴルフのトラブル

 

ゴルフをやっていて、

トラブルの経験がない人なんていません。

 

それがもし、

タイガーウッズだったとしても・・・。

 

そんなゴルフの

「よくあるトラブル処置の仕方」

へのリンクページです。

 

ゴルフのトラブル2

ゴルフでよくあるトラブル処置記事一覧

静止しているゴルフボールが何らかの原因で動くことがある。ボールが動いたといっても様々なケースがある。特殊なケース(例外規定)を除き、ボールが動いた理由によって、その処置の仕方も異なる。プレーヤーが止まっている自分のインプレーの球を動かしてしまった場合、「1罰打」を加え、その球をリプレースしなければなりません。この処置の仕方を間違えると、多くの場合「誤所からのプレーで2罰打」という大きなペナルティが...

動かせる障害物とは?動かせる障害物とは「人工の物」で以下の様なものがある。空き缶、ビン類、紙くず、ビニール袋たばこ、空き箱バンカーの砂ならし(レーキ)ペナルティーエリアの限界を示す杭(黄色や赤杭)抜くことのできる杭白杭(OB杭)を除く、青杭やインプレー後のティーマーカー、カート道の順路などを示す小さな看板、ヤード杭など。(但し、簡単に抜ける杭で、もとに戻せるものに限る)ピン(旗竿)ロープごみ箱、灰...

動かせない障害物とは?動かしてはいけない障害物の例カート道路の表面、側面コースを仕切る金網や棚スプリンクラーヘッド樹木の支柱(添え木)排水溝観客席スコアボードなど。動かせない障害物によってスタンスやスイングができない場合、もしくは、動かせない障害物の上や中にある場合、無罰で救済を受けることができる。

このページでは、ゴルフのプレー中に異常なグラウンド状態の場所にボールが止まっていたりして、スタンスやスイングの妨げになる場合の救済方法・処置(措置)を分かりやすく解説、説明しています。異常なグラウンド状態の例カジュアルウォーター修理地動物が作った穴や盛り土、またその通り道(足跡など)台風や大雨などの不可抗力によってコースが損傷を受けていたり、雪や自然の氷(霜を除く)でプレーに障害を与える状態となっ...

このページでは、アンプレヤブル宣言の仕方と処置(措置)の方法をユーチューブの動画を交えて分かりやすく解説、説明しています。アンプレヤブル宣言とは?アンプレヤブルは、ボールがペナルティーエリア内にあるときを除いて、いつでも自分の判断で 「アンプレヤブル!」 または、「アンプレヤブルにします!」などと宣言し、1罰打を付加し、救済を受けることができる。アンプレヤブル 【unplayable】ボールがペナ...

JGA 日本ゴルフ協会【2019年規則解説I:ペナルティーエリア】新しい規則では、ウォーターハザードはペナルティーエリアに代わります。ウォーターハザードは水域にしか設定できませんでしたが、ペナルティーエリアは水域ではない場所でも、球を捜索することが困難であったり、球をあるがままにプレーすることが困難なブッシュや密林などにも設定することができます。ペナルティーエリアには現在のウォーターハザード、ラテ...

ドロップの正しい仕方(やり方)<ルール>2019年ルール改訂ドロップはひざの高さから真下にボールを落とす。2019年のルール改訂によって、これまでのドロップの仕方の「腕を伸ばして肩の高さから、真下に落とす」から、「ひざの高さから、真下にボールを落とす」に変更されました。ボールのドロップは自ら行わなければならない。ドロップしたボールは手から離れた時点でインプレーとなる。そのボールが再びアンプレアブル...

マークとはゴルフのプレー中において、ボールをリプレースするための場所を確定することをマークという。リプレースを要する規則に基づいてボールを拾い上げるときは、前もってマークをしておかなくてはならない。目印とするものは、ボールマーカーやコインなど。同伴競技者の障害とならないようなもので、グリーンを傷めないものなら何を選んでもかまわない。

前日の雪がまだ残っている所にボールが飛んでいって、雪の中にすっぽり埋まってしまっていた。こちらも冬になるとよくあるトラブルですね。雪の中にボールが埋まっていた場合の無罰での救済処置前日の雪がまだ残っている所にボールが飛んでいって、雪の中にすっぽり埋まってしまっていた。この場合、無罰での救済が受けられる?無罰での救済は受けられない?1.無罰での救済が受けられる<ルール>雪はカジュアルウォーターとして...

スポンサーリンク