スポンサーリンク


スポンサーリンク

スポンサーリンク


 

マークとは

 

ゴルフのプレー中において、ボールをリプレースするための場所を確定することをマークという。

 

マーク

 

リプレースを要する規則に基づいてボールを拾い上げるときは、前もってマークをしておかなくてはならない。

 

目印とするものは、ボールマーカーやコインなど。

 

同伴競技者の障害とならないようなもので、グリーンを傷めないものなら何を選んでもかまわない。

マークとリプレースの仕方(やり方)、正しい方法とは

 

リプレースするための場所を確定するマーク。

 

<ルール>
リプレースを要する規則に基づいてボールを拾い上げるときは、前もってマークをしておかなくてはならない。

 

正しいマークの方法 1⇒2⇒3⇒4

 

  1. ボールの真後ろにボールマーカーとなるものを置く。
  2. ボールを拾い上げる。

    この動作によってボールやマーカーが偶然動いた場合は、罰無しでリプレースできる。
    それ以外のケースで動かした場合は、ボールであってもマーカーであっても同じで「1罰打」がつく。

  3. ボールを置くときは、ボールマーカーの前に、元あった場所に正確におく。
  4. ボールマーカーを取り除いてパットする。

    (ボールマーカーを取り除かずにパットしても罰はない)

 

マークを置く場所についてのルールーはないが、ボールの真後ろに置くことが推奨されている。

グリーン上でボールマーカーを動かす【動画】

 

グリーン上でボールマーカーを動かす方法(やり方)

 

ゴルフルール
「グリーン上でボールマーカーを動かす」

スポンサーリンク