スポンサーリンク


スポンサーリンク

スポンサーリンク


このページでは、ゴルフのプレー中に異常なグラウンド状態の場所にボールが止まっていたりして、スタンスやスイングの妨げになる場合の救済方法・処置(措置)を分かりやすく解説、説明しています。

 

 

異常なグラウンド状態の例

  • カジュアルウォーター
  • 修理地
  • 動物が作った穴や盛り土、またその通り道(足跡など)
  • 台風や大雨などの不可抗力によってコースが損傷を受けていたり、雪や自然の氷(霜を除く)でプレーに障害を与える状態となっている

など。

上記のような異常なグラウンド状態の場所、またはそれらに近接した場所にあるため、スタンスやスイングの妨げになる場合は、無罰で救済が受けられる。

カジュアルウォーターや修理地からの救済措置(処置)

 

カジュアルウォーターや修理地からの救済方法

 

【ジェネラルエリア(旧称 スルーザグリーン)にある場合】

 

1⇒2⇒3で完了

 

1、リファレンスポイント(旧称 ニアレストポイント)を決める

リファレンスポイントとは?

異常な状態である場所を避けて ⇒ ホールに近づかず ⇒ ハザードでなく、グリーンでもない場所で ⇒ ボールの位置に最も近い位置

 

2、リファレンスポイントをマークして、ホールに近づかない1クラブ分の長さを計る

 

3、ボールを拾い上げ、2の範囲内にドロップする

 

 

【バンカー内にある場合】
上記と同様であるが、ホールに近づかず、バンカー内にドロップしなければならない。
あるいは、「1打罰を加えて」バンカーのボールがあった位置とホールを結んだ線上の後方にドロップすることもできる(この場合、後方に下がる距離に制限はない)。

 

【グリーン上にある場合】
1クラブレングスではなく、ホールに近づかず、ボールの位置に最も近い位置にプレースしなければならない。(グリーン上ではドロップではない)

スポンサーリンク