スポンサーリンク


スポンサーリンク

スポンサーリンク


パッティンググリーン Q&A(その2)

グリーン2

Q&A

 

 

パッティンググリーンのルール<QUESTION>(その2)

 

<QUESTION>

〔2019年ルール改訂版〕

 

パットの線上の木の葉を取り除いた

 

ラインを読むとき、うっかりパットの線上を歩いた

 

パットの線上のボールマークを直してからパットした

 

同伴競技者のスパイク跡を直した

 

パットの線上の砂が邪魔になる

 

ボールが同伴競技者のバンカーショットで砂をかぶった

 

パターでマークを押さえたら、マークがソールにくっついて動いた

 

マークを拾い上げる時に、ボールが動いた

 

マークを取るときに芝がめくれたので、それを修復した

 

同伴競技者のマークに間違ってボールを置いて打った

 

マーカーを移動したのを忘れて、間違った位置にプレースした

 

マーカーを置いたままパッティングした

 

傘をさしたままで打った

 

同伴競技者が「OK」と言ったので、ボールを拾い上げた

 

ボールを拭いてもらおうとキャディに投げたら、受け損ねて池ポチャ。回収不能になってしまった。

 

グリーン上でアドレスをとったらパターがボールに触れてしまったが、位置は変わらなかった。

 

 

パッティンググリーンのルールクイズQ&A(その3)

 

パッティンググリーンのルールクイズQ&A(その1)

パッティンググリーンのルール<ANSWER>(その2)

 

<ANSWER>

〔2019年ルール改訂版〕

 

パットの線上の木の葉を取り除いた

 

木の葉がグリーン上にいくつも落ちていた。

自分のパットのライン上にもあったので、取り除いてから打った。

ノーペナルティ(無罰)

 

<ルール>
グリーン上、パットの線上に木の葉がある場合は、罰無しで取り除ける。

 

木の葉は、ルースインペディメントであるから、グリーン上であっても取り除ける。
それを取り除く時に、パットのライン上に触れても罰にはならない。

 

【処置(措置)】
無罰で、そのままプレー。

 

<QUESTION>へ戻る

 

 

 

ラインを読むとき、うっかりパットの線上を歩いた

 

パットのラインをカップの反対側から確認して戻る時、うっかり自分のパットの線上を歩いてしまった。

ノーペナルティ(無罰)

 

<ルール>
意識的でなく、パットの線の改善とならなければ、パットの線上を歩いても罰は無い。

 

【処置(措置)】
無罰で、そのままプレー。

 

<QUESTION>へ戻る

 

 

 

パットの線上のボールマークを直してからパットした

 

パットの線上にボールマークがうまく修復されずに残っていた。

転がりに影響があると思ったので、直してからパットした。

ノーペナルティ(無罰)

 

<ルール>
ボールの落下によってできた「ボールマーク」は直すことができる。

 

また、2019年のルール改訂により、これまでのルールではペナルティーが付いた スパイクマークも直すことが出来るようになった。

 

【処置(措置)】
無罰で、そのままプレー。

 

<QUESTION>へ戻る

 

 

 

同伴競技者のスパイク跡を直した

 

自分のパットの線上を同伴競技者が歩いた。

その時、スパイクを引きずった跡がついたので、直してから打った。

ノーペナルティ(無罰)

 

<ルール>
もともと同伴競技者によってパットの線が変えられた場合は、無罰で修復できたが、2019年のルール改訂により、それ以前にあったスパイクの跡(スパイクマーク)も直すことが出来るようになった。

 

【処置(措置)】
無罰で、そのままプレー。

 

<QUESTION>へ戻る

 

 

 

パットの線上の砂が邪魔になる

 

バンカーから打ったボールがグリーンに乗ったが、パットのラインに砂が飛び散って邪魔だったので、手で取り除いて打った。

ノーペナルティ(無罰)で取り除くことが出来る

 

<ルール>
グリーン上の砂はルースインペディメントであり、取り除くことができる。

 

砂やバラバラの土は「グリーン上にある場合に限り、ルースインペディメントである」と認められている。

 

また、この時、ルースインペディメントを取り除くためにボールが動いても、無罰でリプレースできる。

 

なお、
ボールがグリーン上に無くても、グリーン上のルースインペディメントは取り除ける。

 

【処置(措置)】
無罰で、そのままプレー。

 

<QUESTION>へ戻る

 

 

 

ボールが同伴競技者のバンカーショットで砂をかぶった

 

カラーにあった自分のボールが、同伴競技者のバンカーショットで砂をかぶった。

これでは打てないと思い、元の状態に戻して打った。

ノーペナルティ(無罰)で元の状態に戻してプレーできる

 

<ルール>
同伴競技者のプレーで砂をかぶったボールは元の状態に戻してプレーできる。
元の状態に戻す時にボールが動いても、無罰でリプレースできる。

 

また、自分のボールを拾い上げて拭くこともできる。

 

【処置(措置)】
無罰で、そのままプレー。

 

<QUESTION>へ戻る

 

 

 

パターでマークを押さえたら、マークがソールにくっついて動いた

 

ボールをマークして拾い上げ、マーカーをパターのソールで押さえたら、マーカーが動いてしまった。

ノーペナルティ(無罰)

 

<ルール>
パターで押さえたマーカーが動いてしまった場合は、無罰でリプレースできる。

 

ソールにマーカーがくっついてしまったのに気づくのが遅く、マークした場所がはっきりしない場合は、前にあった位置にできるだけ近い箇所にプレースすることになる。

 

また、2019年のルール改訂によって、プレーヤーの不注意によってマーカーやボールが動いた場合でも、無罰で元に戻してプレー出来るようになった。

 

【処置(措置)】
無罰で、リプレースしてプレー。

 

<QUESTION>へ戻る

 

 

 

マークを拾い上げる時に、ボールが動いた

 

グリーン上のボールをマークして拾い上げようとしたら、偶然にマーカーがボールに当たり、ボールが転がってしまった。

ノーペナルティ(無罰)

 

<ルール>
ボールをマークする過程で動いたボールやマーカーは、罰無しでリプレースできる。

 

また、2019年のルール改訂によって、プレーヤーの不注意によってマーカーやボールが動いた場合でも、無罰で元に戻してプレー出来るようになった。

 

【処置(措置)】
無罰でリプレースしてプレー。

JGA 日本ゴルフ協会

 

【2019年規則解説A】

 

プレーヤーが止まっている自分のインプレーの球を動かしてしまった場合、1罰打を加え、その球をリプレースしなければなりません。

 

新規則では、自分の球を偶然に動かしてしまっても罰を課さない例外規定をいくつか設けています(規則9.4b例外)。例えば:

 

@ 自分の球を捜索中に偶然に動かした場合
A パッティンググリーン上の自分の球を偶然に動かした場合
B 規則を適用しようとして行動しているときに偶然に動かした場合
C 規則が球を動かすことを認めている場合(拾い上げなど)

 

この「偶然に」の意味はプレーヤーが故意に球を動かしたのではないことを意味しています。なのでプレーヤーが球を動かす原因となっていても、それが故意ではない場合、上記例外のケースでは罰なしとなります。

 

ビデオはAのパッティンググリーン上の球について解説したものです。

 

Bの「規則を適用しようとして行動しているとき」とは、例えば、クラブレングスを計測していとき、救済のニヤレストポイントを決めようとしているとき、順番を決めるためにどちらの球がホールから遠いかを計測しているとき、動かせる障害物を取り除くとき、などです。

 

このように新しい規則では、「球はあるがままにプレー」という原則を守る一方で、プレーヤーの偶然の行為については罰を課さないよういくつかの規定を改訂しています。

 

★規則書の日本語版は現在作成中です、発刊の時期が決定いたしましたらご案内させていただきます。

 

#2019年ゴルフ規則
#2019年ゴルフルール
#新規則
#NEWRULE
#ゴルフ規則
#RULESOFGOLF

 

『JGA 日本ゴルフ協会』Facebookページより引用

 

<QUESTION>へ戻る

 

 

 

マークを取るときに芝がめくれたので、それを修復した

 

ボールをリプレースしてピンタイプ(びょうタイプ)のマークを取り除くとき、雑に取り除いたのでボールの後ろが盛り上がった。

構えづらいので盛り上がりを修復した。
罰は付くのか。

ノーペナルティ(無罰)

 

<ルール>2019年ルール改訂
新ルールでは、パッティンググリーンの損傷箇所(人、動物、乗り物などによって作られたもの)を無罰で修復することが出来るようになった。

 

【処置(措置)】
無罰で、プレーを続ける

 

<QUESTION>へ戻る

 

 

 

同伴競技者のマークに間違ってボールを置いて打った

 

同伴競技者も同じマーカーを使っていたので、間違えて同伴競技者のマーカーの位置にボールを置いて打ってしまった。

2ペナルティ(2罰打)

 

<ルール>
グリーン上の誤球(誤所からのプレー)は、2罰打を加えて、そのまま止まった位置からプレーを続ける。
この場合、誤所からのプレーで2罰打。

 

重大な違反が無い限り、「そのボールでプレーしなければならない」。

 

【処置(措置)】
2罰打を加えて、そのままプレー。

 

<QUESTION>へ戻る

 

 

 

マーカーを移動したのを忘れて、間違った位置にプレースした

 

マーカーの位置が、同伴競技者のライン上だったので移動したが、それを忘れて、動かした位置にボールを置いてプレーした。

2ペナルティ(2罰打)

 

<ルール>
間違った位置にプレースしてプレーした場合は、罰を加えた後、そのボールでプレーを続ける。

 

【処置(措置)】
2罰打を加えて、そのままプレー。

 

<QUESTION>へ戻る

 

 

 

マーカーを置いたままパッティングした

 

マークしたコインの前に正確にボールをリプレースしたが、マーカーとして使ったコインを取り除かずにストロークしてしまった。

ノーペナルティ(無罰)

 

<ルール>
マーカーを置いたままパッティングしても違反ではない。

 

【処置(措置)】
無罰で、そのままプレー。

 

<QUESTION>へ戻る

 

 

 

傘をさしたままで打った

 

キャディーに傘をさしかけさせたまま、そのまま打った。

2ペナルティ(2罰打)

 

<ルール>
他人に傘をさしかけさせたままストロークしてはならない。
プレー中は、物理的援助や、風雨などを避けるための保護を他人から受けてはいけないことになっている。

 

この場合、アドレスする前に移動すれば問題は無い。

 

【処置(措置)】
2罰打を加え、そのままプレー。

 

<QUESTION>へ戻る

 

 

 

同伴競技者が「OK」と言ったので、ボールを拾い上げた

 

カップのすぐ近くにボールが止まった。

同伴競技者が「OK」と言ったので、ボールを拾い上げた。

1ペナルティ(1罰打)

 

<ルール>
カップに入らなければホールアウトにはならない。

 

【処置(措置)】
ホールアウトは認められないので、1罰打を加え、リプレースしてプレーを続ける。

ルール上、「OKパット」なるものは存在しない。

 

正式の競技ならば、マッチプレーに限って「コンシード=OK」があるだけ。

 

やり直しをしないで、そのまま次のホールでプレーをすると、競技失格。

 

プライベートのプレーでは、しばしば行われている「OKパット」だけに、要注意。

 

<QUESTION>へ戻る

 

 

 

ボールを拭いてもらおうとキャディに投げたら、受け損ねて池ポチャ。回収不能になってしまった。

 

プレーヤーAはグリーン上にある自分のボールをマークして拾い上げ、拭いてもらうためにキャディに投げた。

しかし、キャディが受け損ねて池に入れてしまい回収できなくなってしまったので、別のボールでホールアウトした。
Aに罰はつくのか。

2ペナルティ(2罰打)

 

<ルール>
規則上、今回のAのようにプレーヤーの不注意によって1ホールでプレー中のボールをなくしてしまったケースではボールを取り換えることが許されていない。

 

しかし、別のボールでホールアウトしたので「2罰打」が課せられる。

 

【処置(措置)】
別のボールでホールアウトしたことによる2罰打を加算する。

 

<QUESTION>へ戻る

 

 

 

グリーン上でアドレスをとったらパターがボールに触れてしまったが、位置は変わらなかった。

 

グリーン上でパッティングするためにアドレスをとったら、パターがボールに触れてしまいボールはぐらついたが元の位置に戻った。

結局ボールの位置は変わらなかったが罰は付くのか?

ノーペナルティ(無罰)

 

<ルール>
自分のパターが偶然当たり、ボールがぐらついたものの元の位置に戻った場合は、「動いた事にはならない」。

 

【処置(措置)】
無罰でそのままプレー。

 

<QUESTION>へ戻る

スポンサーリンク