スポンサーリンク


スポンサーリンク

スポンサーリンク


静止しているゴルフボールが何らかの原因で動くことがある。

 

ボールが動いたといっても様々なケースがある。

 

特殊なケース(例外規定)を除き、ボールが動いた理由によって、その処置の仕方も異なる。

 

プレーヤーが止まっている自分のインプレーの球を動かしてしまった場合、「1罰打」を加え、その球をリプレースしなければなりません。

 

この処置の仕方を間違えると、多くの場合「誤所からのプレーで2罰打」という大きなペナルティが科されるので、当該ルールに関する“ 最新の知識 ”が必要です。

 

 

JGA 日本ゴルフ協会

 

【2019年規則解説A】

 

プレーヤーが止まっている自分のインプレーの球を動かしてしまった場合、1罰打を加え、その球をリプレースしなければなりません。

 

新規則では、自分の球を偶然に動かしてしまっても罰を課さない例外規定をいくつか設けています(規則9.4b例外)。例えば:

 

@ 自分の球を捜索中に偶然に動かした場合
A パッティンググリーン上の自分の球を偶然に動かした場合
B 規則を適用しようとして行動しているときに偶然に動かした場合
C 規則が球を動かすことを認めている場合(拾い上げなど)

 

この「偶然に」の意味はプレーヤーが故意に球を動かしたのではないことを意味しています。なのでプレーヤーが球を動かす原因となっていても、それが故意ではない場合、上記例外のケースでは罰なしとなります。

 

ビデオはAのパッティンググリーン上の球について解説したものです。

 

Bの「規則を適用しようとして行動しているとき」とは、例えば、クラブレングスを計測していとき、救済のニヤレストポイントを決めようとしているとき、順番を決めるためにどちらの球がホールから遠いかを計測しているとき、動かせる障害物を取り除くとき、などです。

 

このように新しい規則では、「球はあるがままにプレー」という原則を守る一方で、プレーヤーの偶然の行為については罰を課さないよういくつかの規定を改訂しています。

 

★規則書の日本語版は現在作成中です、発刊の時期が決定いたしましたらご案内させていただきます。

 

#2019年ゴルフ規則
#2019年ゴルフルール
#新規則
#NEWRULE
#ゴルフ規則
#RULESOFGOLF

 

『JGA 日本ゴルフ協会』Facebookページより引用

止まっているボールが動かされた時のルールと措置(処置)

 

「止まっている球が動かされた場合」 (Ball at Rest Moved)

 

近年(〜2019年)のルールの改訂・改正・変更

 

2019年のルール改訂【R&A /USGA 動画】

  • 新ルールでは、ボールの捜索中に誤ってプレーヤーやそのキャディーがボールを動かしてしまっても無罰。

 

  • 新ルールでは、パッティンググリーン上で誤ってボールを動かしてしまっても無罰。

 

  • パッティンググリーンの外のボールが動いた場合は、今まで通りのペナルティを科されるが、その理由がプレーヤーにない可能性が高ければ無罰。

 

  • ボールが他人によって動かされた場合は、選手かボールを動かした人が元の状態に再現して、ボールをプレースする。

 

 

(2016年のルール改訂)
2016年規則では規則18-2bを削除し、アドレスした後かどうかには関係なく、プレーヤーの止まっているインプレーの球が動かされた場合、プレーヤーサイドに原因があればプレーヤーは1打の罰を受けてリプレース、プレーヤーサイドに原因がなければ罰なしに新しい位置からプレーしなければならない。

 

(2014年のルール改訂)
HDTVなどでボールが動いたことが確認できても、裸眼で合理的にそれを認識することができないようなものであれば、ルール上の裁定は「ボールが動いたことにはならない」となった。

 

(2012年のルール改訂)
アドレス後に自然にボールが動いた場合は罰則が適用されていたが、『無罰』に変更された。

 

ボールが動いた時の処置のルールでは、その理由を
「1、自分/2、局外者/3、自然/4、例外規定」
の いずれかに 起因するものとし、処置の仕方と罰則を定めている。

 

 

1の「自分」とは、
プレーヤー自身とそのキャディー、そして、チームでするゲームの場合はそのパートナーが含まれる。
さらに、カート(共用カート・乗用を含む)など、その携帯品が動いたためにボールが動けば、プレーヤー自身が動かした時と同様の処置が必要となり、罰則が適用される。

 

2の局外者とは、
チームプレーのパートナー以外の同伴競技者、その他の競技者やそれらのキャディー、観客、動物、鳥、風で飛んできた来た物体、他のプレーヤーのボールなどが含まれる。

 

3の自然とは、
風が最も代表的なものであり、地震もこの部類になる。
また、理由が分からないが ボールが動いてしまったケースも含まれる。

 

4の例外規定とは、
プレーヤー自身がボールを動かす理由になっているが、それがバンカーの砂、ウォーターハザードの水、障害物、異常なグラウンド状態の中にあるボールを捜している時、また、ルールに則ってボールをマークする行為による場合などが含まれる。

ボールが動いた時の具体的な事例と処置

 

以下は、様々な理由で「ボールが動いた時のルールと処置・措置」についての具体的な事例ページへのリンクです。

 

【ティーイングエリアのルールクイズQ&A】のページ内
〔2019年ルール改訂版〕

 

【ジェネラルエリアのルールクイズQ&A(その1)】のページ内
〔2019年ルール改訂版〕

 

 

【ジェネラルエリアのルールクイズQ&A(その2)】のページ内
〔2019年ルール改訂版〕

 

 

【バンカーのルールクイズQ&A(その1)】のページ内
〔2019年ルール改訂版〕

 

 

【バンカーのルールクイズQ&A(その2)】のページ内
〔2019年ルール改訂版〕

 

 

【ペナルティーエリアのルールクイズQ&A(その2)】のページ内
〔2019年ルール改訂版〕

 

 

【パッティンググリーンのルールクイズQ&A(その2)】のページ内
〔2019年ルール改訂版〕

 

【パッティンググリーンのルールクイズQ&A(その3)】のページ内
〔2019年ルール改訂版〕

スポンサーリンク