このページの先頭へ

アンプレヤブル宣言とその処置


スポンサードリンク


 

アンプレヤブル宣言とは?

 

アンプレヤブルは、

 

ボールがウォーターハザード内にあるときを除いて、

 

「いつでも自分の判断で宣言」し、1罰打を付加し、救済を受けることができる。

 

【unplayable】
ボールがウォーターハザード内にあるときを除いて、打てそうにない場合、

 

「アンプレヤブル(プレー不可能)」を宣言し、救済を受けられる。
 
「アンプレイヤブル」、「アンプレアブル」という場合もある。

 

 

 

アンプレヤブルの処置方法

【動画】
アンプレヤブルの処置(救済措置)

 

アンプレヤブル宣言後の処置(救済措置)は以下の3つから選ぶことができる。

 

1、ボールを最後に打った場所へ戻る
ティーグラウンドならティーの範囲以内でティーアップしても打つことができる。
スルーザグリーンやバンカーならドロップ。
グリーン上にある場合はプレースする。

 

2、ボールから2クラブレングス以内にドロップ
ホールに近づかず、2クラブレングス以内にドロップ。
バンカー内のボールの場合は、2クラブレングス以内のバンカー内へドロップ。

 

3、ホールとボールを結んだ後方延長線上にドロップ
後方なら、その距離に制限はない。
バンカー内にあった場合は、バンカー内にドロップ。

 

アンプレヤブルの処置(救済措置)をする場合、球は拾い上げてふくことができるし、別の球に取り替えることもできる。

 

【動画】
ゴルフの規則
バンカー内でのアンプレアブル

スポンサードリンク






関連ページ

ボールが動いた時の処置
ゴルフでボールが動いた時の処置・措置、ペナルティー・罰打。ボールが動いた時の様々なケース別に分かりやすく解説、説明しています。
動かせる障害物からノーペナルティー(無罰)で受けられる救済
ゴルフでボールが動かせる障害物の中に入ったり、上に乗っている場合のルール上の救済、処置、ペナルティー、罰打の解説、説明。
動かせない障害物からノーペナルティー(無罰)で受けられる救済
ゴルフで動かせない障害物によってスタンスやスイングができない場合、もしくは動かせない障害物の上や中にある場合のルール上の救済、処置をユーチューブの動画を交えて分かりやすく解説、説明しています。
異常なグラウンド状態からノーペナルティー(無罰)で受けられる救済
ゴルフで異常なグラウンド状態の場所、またはそれらに近接した場所にあるため、スタンスやスイングの妨げになる場合の救済、処置、ペナルティー、罰打の解説、説明。
ウォーターハザード処置とは?
ゴルフのウォーターハザードの意味と救済・処置、ラテラルウォーターハザードの意味と救済・処置、ウォーターハザードとラテラルウォーターハザードの違いとルール上の救済の救済・処置をユーチューブの動画を交えて分かりやすく解説、説明しています。
ドロップの正しい方法とは?
ゴルフのトラブル処置で、ドロップと再ドロップの正しい仕方と救済、処置の解説、説明。
マークとリプレースの正しい方法とは?
ゴルフのプレー中において、ボールをリプレースするための場所を確定するマークとリプレースの仕方、方法の解説、説明。
雪の中のボールの救済処置
ゴルフで雪の中にボールがすっぽり埋まってしまった場合の救済処置(救済措置)を説明しています。