このページの先頭へ

動かせる障害物からノーペナルティー(無罰)で受けられる救済


スポンサードリンク


 

動かせる障害物とは?

 

動かせる障害物とは「人工の物」で以下の様なものがある。

  • 空き缶、ビン類、紙くず、ビニール袋
  • たばこ、空き箱
  • バンカーの砂ならし(レーキ)
  • ハザードの限界を示す杭
  • 抜くことのできる杭
  • ピン(旗竿)
  • ロープ

など。

 

 

 

ボールが上記の中に入ったり、上に乗っている場合、その障害物を無罰で取り除くことができる。

 

ハザードの中でも同様。

 

取り除く動作によってボールが動いても、無罰でリプレース
 
また、

ボールを拾い上げてから障害物を取り除くこともできるが、その場合は、元の位置の真下の地点に最も近い位置にドロップしなければならない。
 
グリーン上では、いずれの場合もボールの位置に最も近い位置にプレースしなければならない。

※ ボールが動いているときは、障害物を取り除いてはいけない。

 

【動画】
ゴルフルール ダイジェスト PART3
ルースインペディメント 障害物

スポンサードリンク



関連ページ

ボールが動いた時の処置
ゴルフでボールが動いた時の処置・措置、ペナルティー・罰打。ボールが動いた時の様々なケース別に分かりやすく解説、説明しています。
動かせない障害物からノーペナルティー(無罰)で受けられる救済
ゴルフで動かせない障害物によってスタンスやスイングができない場合、もしくは動かせない障害物の上や中にある場合のルール上の救済、処置をユーチューブの動画を交えて分かりやすく解説、説明しています。
異常なグラウンド状態からノーペナルティー(無罰)で受けられる救済
ゴルフで異常なグラウンド状態の場所、またはそれらに近接した場所にあるため、スタンスやスイングの妨げになる場合の救済、処置、ペナルティー、罰打の解説、説明。
アンプレヤブル宣言とその処置
アンプレヤブル宣言の仕方と処置をユーチューブの動画を交えて分かりやすく解説、説明しています。
ウォーターハザード処置とは?
ゴルフのウォーターハザードの意味と救済・処置、ラテラルウォーターハザードの意味と救済・処置、ウォーターハザードとラテラルウォーターハザードの違いとルール上の救済の救済・処置をユーチューブの動画を交えて分かりやすく解説、説明しています。
ドロップの正しい方法とは?
ゴルフのトラブル処置で、ドロップと再ドロップの正しい仕方と救済、処置の解説、説明。
マークとリプレースの正しい方法とは?
ゴルフのプレー中において、ボールをリプレースするための場所を確定するマークとリプレースの仕方、方法の解説、説明。