このページの先頭へ

ゴルフのトラブルQ&A


スポンサードリンク



 

 

ゴルフのプレー中のトラブル!

 

ゴルフにトラブルはつきもの!?

 

トラブルの連続!?

 

ゴルフのトラブル 

 

ゴルフをやっていて、

トラブルの経験がない人なんていません。

 

それがもし、

タイガーウッズだったとしても・・・。

 

そんなゴルフの

「よくあるトラブル処置の仕方」

へのリンクページです。

 

ゴルフのトラブル2 

 

よくあるトラブル処置記事一覧

ボールが動いた時の処置

静止しているゴルフボールが何らかの原因で動くことがある。ボールが動いたといっても様々なケースがある。特殊なケース(例外規定)を除き、ボールが動いた理由によって、その処置の仕方も異なる。この処置の仕方を間違えると、多くの場合「誤所からのプレー」で2罰打という大きなペナルティが科されるので、当該ルールに...

≫続きを読む

動かせる障害物からノーペナルティー(無罰)で受けられる救済

動かせる障害物とは?動かせる障害物とは「人工の物」で以下の様なものがある。空き缶、ビン類、紙くず、ビニール袋たばこ、空き箱バンカーの砂ならし(レーキ)ハザードの限界を示す杭抜くことのできる杭ピン(旗竿)ロープなど。ボールが上記の中に入ったり、上に乗っている場合、その障害物を無罰で取り除くことができる...

≫続きを読む

動かせない障害物からノーペナルティー(無罰)で受けられる救済

動かせない障害物とは?【動画】カート道路の表面、側面コースを仕切る金網や棚スプリンクラーヘッド樹木の支柱(添え木)排水溝観客席スコアボードなど。動かせない障害物によってスタンスやスイングができない場合、もしくは、動かせない障害物の上や中にある場合、無罰で救済を受けることができる。【動画】ゴルフルール...

≫続きを読む

異常なグラウンド状態からノーペナルティー(無罰)で受けられる救済

異常なグラウンド状態とは?カジュアルウォーター修理地動物が作った穴や盛り土、またその通り道(足跡など)台風や大雨などの不可抗力によってコースが損傷を受けていたり、雪や自然の氷(霜を除く)でプレーに障害を与える状態となっているなど。上記のような場所、またはそれらに近接した場所にあるため、スタンスやスイ...

≫続きを読む

アンプレヤブル処置とは?

アンプレヤブル宣言とは?アンプレヤブルは、ボールがウォーターハザード内にあるときを除いて、いつでも自分の判断で 「アンプレヤブル!」 または、「アンプレヤブルにします!」などと宣言し、1罰打を付加し、救済を受けることができる。アンプレヤブル 【unplayable】ボールがウォーターハザード内にある...

≫続きを読む

ウォーターハザード処置とは?

ウォーターハザードの処置・救済方法【動画】ウォーターハザードとは?● 黄色の杭コース内の「池、湖、川、溝、排水溝」など、黄色の杭で示された区域。※水の有無に関わらず、黄色杭で示された区域の内側はウォーターハザード内。ウォーターハザードに入ったボールは「そのまま打つことができる」が、救済を受けることも...

≫続きを読む

ドロップの正しい方法とは?

ドロップの正しい仕方(やり方)腕を伸ばして肩の高さからまっすぐ落とす。ボールのドロップは自ら行わなければならないドロップしたボールは手から離れた時点でインプレーとなるそのボールが再びアンプレアブルの状況になっても、罰なしで再ドロップはできない正しい方法でドロップしなかった場合は、ストローク前であれば...

≫続きを読む

マークとリプレースの正しい方法とは?

マークとは?ゴルフのプレー中において、ボールをリプレースするための場所を確定することをマークという。リプレースを要する規則に基づいてボールを拾い上げるときは、前もってマークをしておかなくてはならない。目印とするものは、ボールマーカーやコインなど。同伴競技者の障害とならないようなもので、グリーンを傷め...

≫続きを読む

雪の中にボールが埋まっていた場合の救済処置とは?

前日の雪がまだ残っている所にボールが飛んでいって、雪の中にすっぽり埋まってしまっていた。こちらも冬になるとよくあるトラブルですね。雪の中にボールが埋まっていた場合の無罰での救済処置前日の雪がまだ残っている所にボールが飛んでいって、雪の中にすっぽり埋まってしまっていた。この場合、無罰での救済が受けられ...

≫続きを読む