このページの先頭へ

マークとリプレースの正しい方法とは?


スポンサードリンク



マークとは?

 

ゴルフのプレー中において、ボールをリプレースするための場所を確定することをマークという。

 

マーク 

 

リプレースを要する規則に基づいてボールを拾い上げるときは、前もってマークをしておかなくてはならない。

 

目印とするものは、ボールマーカーやコインなど。

 

同伴競技者の障害とならないようなもので、グリーンを傷めないものなら何を選んでもかまわない。

 

 

[ゴルフ場予約]

 

楽天GORA

 

GDOゴルフ場予約

 

【じゃらんゴルフ】

マークとリプレースのやり方、正しい方法とは?

 

リプレースするための場所を確定するマーク。
 
リプレースを要する規則に基づいてボールを拾い上げるときは、前もってマークをしておかなくてはならない。

 

正しいマークの方法 1⇒2⇒3⇒4

 

  1. ボールの真後ろにボールマーカーとなるものを置く
  2. ボールを拾い上げる

    この動作によってボールやマーカーが偶然動いた場合は、罰無しでリプレースできる。
    それ以外のケースで動かした場合は、ボールであってもマーカーであっても同じで「1罰打」がつく。

  3. ボールを置くときは、ボールマーカーの前に、元あった場所に正確におく
  4. ボールマーカーを取り除いてパットする

 

マークを置く場所についてのルールーはないが、ボールの真後ろに置くことが推奨されている。

関連ページ

ボールが動いた時の処置
ゴルフでボールが動いた時の処置・措置、ペナルティー・罰打。ボールが動いた時の様々なケース別に分かりやすく解説、説明しています。
動かせる障害物からノーペナルティー(無罰)で受けられる救済
ゴルフでボールが動かせる障害物の中に入ったり、上に乗っている場合のルール上の救済、処置、ペナルティー、罰打の解説、説明。
動かせない障害物からノーペナルティー(無罰)で受けられる救済
ゴルフで動かせない障害物によってスタンスやスイングができない場合、もしくは動かせない障害物の上や中にある場合のルール上の救済、処置をユーチューブの動画を交えて分かりやすく解説、説明しています。
異常なグラウンド状態からノーペナルティー(無罰)で受けられる救済
ゴルフで異常なグラウンド状態の場所、またはそれらに近接した場所にあるため、スタンスやスイングの妨げになる場合の救済、処置、ペナルティー、罰打の解説、説明。
アンプレヤブル宣言とその処置
アンプレヤブル宣言の仕方と処置をユーチューブの動画を交えて分かりやすく解説、説明しています。
ウォーターハザード処置とは?
ゴルフのウォーターハザードの意味と救済・処置、ラテラルウォーターハザードの意味と救済・処置、ウォーターハザードとラテラルウォーターハザードの違いとルール上の救済の救済・処置をユーチューブの動画を交えて分かりやすく解説、説明しています。
ドロップの正しい方法とは?
ゴルフのトラブル処置で、ドロップと再ドロップの正しい仕方と救済、処置の解説、説明。
雪の中のボールの救済処置
ゴルフで雪の中にボールがすっぽり埋まってしまった場合の救済処置(救済措置)を説明しています。