このページの先頭へ

グリーン上でのQ&A(その3)


スポンサードリンク



グリーンのルール Q&A(その3)

 

グリーン3 

 

Q&A

<QUESTION>

 

ボールの後ろ5センチの所にマークして拾い上げた

 

グリーン上にある他人(同伴競技者)のボールに当たった

 

同時に打ったボールがぶつかった

 

グリーンの外からのボールが、グリーン上の他のボールに当たった

 

パットのライン上にキャディを立たせたまま打った

 

キャディーの指示通りに、足を目標にして打った

 

キャディーが指でグリーンに触れてラインを教えてくれた

 

ホールのふちとピン(旗竿)の間に、ボールがはさまるように止まっていた

 

ピンに寄りかかっているボールを拾い上げた

 

ピンを立てたままパットしたら、ボールがピンに当たった

 

ピンに付き添っていたキャディーに当たりホールイン

 

打ったボールが、歩いている人(同伴競技者)に当たった

 

置いてあったピンにボールが当たってホールイン

 

ボールがカップのふちで止まっているので、わざとゆっくり近づいた

 

アドレスしたら、打つ前にボールがホールインした

 

Aがパットしたボールがグリーンの端に置いてある旗竿に当たりそうになったのでBが取り除いた

 

グリーン上の自分のボールに近づいたとき、パターを落としてボールが動いてしまった

 

カップの縁に止まってしまったボールを見ていたら5秒後に自然に吸い込まれてくれた

 

パットのアドレスをとった後に再度ラインを読み直していたらボールが自然に動いた

 

パッティングしたらグリーンの外に置いておいた自分のタオルにボールが当たった【動画】

 

 

[ゴルフ場予約]

 

楽天GORA

 

GDOゴルフ場予約

 

【じゃらんゴルフ】

ボールの後ろ5センチの所にマークして拾い上げた

 

グリーン上のボールをマークする際に、マーカーをボールの後ろ5センチ位の所に置いて拾い上げ、同じ場所にリプレースした。

 

 

 

 

 

1ペナルティ(1罰打)

 

 

 

<ルール>
ボールのすぐ後ろにマークすることが望ましい(裁定20−1/20)

 

5センチも離れた所にマークして拾い上げたとすると、正確にボールの元の位置を特定し、リプレースできる場所とはいえない。

 

 

 

【処置(措置)】
1罰打を加え、リプレースしてマークし直す。

 

<QUESTION>へ戻る

 

グリーン上にある他人(同伴競技者)のボールに当たった

 

グリーン上の自分のボールを打ったら、同伴競技者のボールに当たってしまった。

 

 

 

 

 

2ペナルティ(2罰打)

 

 

 

<ルール>
当てた方はあるがまま、当てられた方は元の位置に無罰でリプレース(規則 19-5)

 

 

 

【処置(措置)】
2罰打を加え、止まった位置からそのままプレー。

 

<QUESTION>へ戻る

 

同時に打ったボールがぶつかった

 

自分の順番だと思ってパットしたら、ほぼ同じ距離から同伴競技者も同時に打っていた。

そのボールがぶつかり、ひとつはホールインした。

 

 

 

 

 

ノーペナルティ(無罰)

 

 

 

<ルール>
グリーン上で、動いているボール同士がぶつかった場合は、双方とも無罰でリプレースして再プレーしなくてはならない(規則 19-5b)

 

双方のプレーヤーのストロークは取り消しとなる。

 

 

 

【処置(措置)】
双方とも、無罰で元の位置にリプレースして、やり直し。

 

ホールインしてもしなくても、双方ともやり直し

 

もしも打ったのがグリーンの外からだった場合、無罰で止まった所からプレー。

 

<QUESTION>へ戻る

 

グリーンの外からのボールが、グリーン上の他のボールに当たった

 

グリーンの外からのアプローチが、グリーン上の他人(同伴競技者)のボールに当たった。

 

 

 

 

 

ノーペナルティ(無罰)

 

 

 

<ルール>
グリーンの外から打ったボールが、グリーン上のボールに当たっても罰は無い(規則 19-5、18-5)

 

 

 

【処置(措置)】
無罰で、止まった所からプレー。

 

当てられた方は元の位置に無罰でリプレース。

 

<QUESTION>へ戻る

 

パットのライン上にキャディを立たせたまま打った

 

ラインを読み、その通り打ち出しているか確認のために、キャディーをパットの線の後ろに立たせた。

 

 

 

 

 

2ペナルティ(2罰打)

 

 

 

<ルール>
パットの線の後方延長線上にキャディーを立たせてストロークしてはならない(規則 14-2)

 

ただし、
アドレスするまで立たせ、その後、別の場所に移動させてストロークすれば問題は無い。

 

 

 

【処置(措置)】
2罰打を加え、そのままプレー。

 

<QUESTION>へ戻る

 

キャディーの指示通りに、足を目標にして打った

 

ピンに付き添っているキャディーが、右足を目標にして打てばいいと指示したので、それを目印にして打った。

 

 

 

 

 

2ペナルティ(2罰打)

 

 

 

<ルール>
狙い所を示させて、そのままストロークすることは認められない(規則 8-2b)

 

ストロークする時に、示したものを移動しておかなければ罰となる。

 

これは、グリーン上以外でも共通のルール。

 

 

 

【処置(措置)】
2罰打を加え、そのままプレー。

 

<QUESTION>へ戻る

 

キャディーが指でグリーンに触れてラインを教えてくれた

 

キャディーに狙い所を聞いた所、カップのふたつ分左だとグリーン上に指をつけて教えてくれた。

 

 

 

 

 

2ペナルティ(2罰打)

 

 

 

<ルール>
パットの線を教える時に、グリーン面に触れてはならない(規則 8-2b)

 

 

 

【処置(措置)】
2罰打を加え、そのままプレー。

 

<QUESTION>へ戻る

 

ホールのふちとピンの間に、ボールがはさまるように止まっていた

 

グリーンの外からアプローチしたボールが、誰も付き添っていないピン(旗竿)とホールの内側のふちに挟まる形で止まっていた。

 

 

 

 

 

ノーペナルティ(無罰)

 

 

 

<ルール>
グリーンの外から打ったボールが、ピンに当たっても罰は無い(定義27 規則 17-4)

 

 

 

【処置(措置)】
ボール全体が、完全にホールの内側の縁より下に沈んだ状態であれば、そのボールはホールインしたとみなされる。

 

また、
ボールがピンとホールの内側のふちに挟まる形で顔を出して止まっていた場合は、ピンを揺らして完全にホールに落とし込んでから拾い上げればよい。

このケース、
完全にホールインさせる前に、ピンを抜く(動かす)過程でボールが飛び出してしまった場合は、罰なしにホールの淵にプレースしなければならない

 

もしも、
ホールの内側のふちに挟まる形で顔を出して止まっていたボールをそのまま拾い上げてしまった場合には、1ペナルティ(1罰打)を付加して、リプレースしなければならない
 
リプレースとはボールを元の位置に戻すことなので、このケースでは「ホールのふちとピンの間にボールがはさまるように」再現し、ピンを揺らしてボールをホールに入れれば最後のストロークをして入ったものとみなされる。
 

 

<QUESTION>へ戻る

 

ピンに寄りかかっているボールを拾い上げた

 

ボールがピンとホールの内側の縁に挟まる形で顔を出して止まっていた。

ホールインしたものと思い、拾い上げた。

 

 

 

 

 

1ペナルティ(1罰打)

 

 

 

<ルール>
ピンとホールの間にあっても、縁よりボール全体が下に落ちなければホールインではない(定義27、規則 17-4)

 

 

 

【処置(措置)】
拾い上げた1罰打を加え、リプレースしてプレー。
 
(前項参照)

 

<QUESTION>へ戻る

 

ピンを立てたままパットしたら、ボールがピンに当たった

 

あまりのロングパットだったので、寄せるだけのつもりで打ったボールがピンに当たってしまった。

 

 

 

 

 

2ペナルティ(2罰打)

 

 

 

<ルール>
立っているピンにグリーン上から打ったボールが当たると罰になる(定義27、規則 17-4)

 

 

 

【処置(措置)】
2罰打を加え、そのままプレー。

 

<QUESTION>へ戻る

 

ピンに付き添っていたキャディーに当たりホールイン

 

キャディにピンを持たせ、ホールの後ろに立たせてパットしたところ、ボールはキャディーの足に当たり、そのままホールインした。

 

 

 

 

 

2ペナルティ(2罰打)

 

 

 

<ルール>
グリーン上で自分のキャディーやピンに付き添っている人にボールがぶつかると罰を受ける(規則 17-3)

 

ボールは止まった所からプレーすることになるので、この場合、ホールインは認められる。

 

 

 

【処置(措置)】
2罰打は付くが、ホールインは認められる。

 

<QUESTION>へ戻る

 

打ったボールが、歩いている人(同伴競技者)に当たった

 

グリーン上でパッティングしたら、歩いていた同伴競技者に当たった。

 

 

 

 

 

ノーペナルティ(無罰)

 

 

 

<ルール>
グリーン上で動いている局外者にボールが当たった場合、罰無しでやり直す(規則 19-1)

 

そのストロークを取り消して、元の位置からやり直さなければならない。

 

やり直さないと、誤所からのプレー違反が重大と認められた場合には、競技失格。

 

 

同伴競技者ではなく、カラスや動物の場合も、あるいは他のホールから飛んできたボールであっても同様に扱われる。

 

 

 

【処置(措置)】
無罰で、リプレースしてやり直し。

 

<QUESTION>へ戻る

 

置いてあったピンにボールが当たってホールイン

 

グリーン上からパッティングしたボールが、抜かれて置いてあったピンに当たって、はね返ってそのままホールインした。

 

 

 

 

 

2ペナルティ(2罰打)

 

 

 

<ルール>
置いてあるピンにグリーン上で打ったボールが当たるのはペナルティ(規則 17-3)

 

ピンがグリーンの外に置いてある場合でも同じ。

 

また、
ボールが動いている間に、抜かれて置いてあったピンに、そのボールが当たりそうになった時は、誰が動かしても良いことになった。(2008年改正)

 

ボールは止まった所からプレーすることになるので、この場合、ホールインは認められる。

 

 

 

【処置(措置)】
2罰打は付くが、ホールインは認められる。

 

<QUESTION>へ戻る

 

ボールがカップのふちで止まっているので、わざとゆっくり近づいた

 

カップの縁で、中をのぞき込むようにボールが止まっていた。

アドレスする前に、風で落ちるかもしれないと期待しながら、ゆっくり行動した。

 

 

 

 

 

2ペナルティ(2罰打)

 

 

 

<ルール>
故意にゆっくり近づいた場合は、不当の延滞となる(規則 16-2)

 

ボールが縁に止まっている場合、ボールに歩み寄る時間に加え、「10秒間待つことができる」が、故意にゆっくり歩いていった場合、不当な延滞とみなされ、2罰打となる。

 

ボールは止まった所からプレーすることになるので、この場合、ホールインは認められる。

 

 

 

【処置(措置)】
2罰打は付くが、ホールインは認められる。

 

<QUESTION>へ戻る

 

アドレスしたら、打つ前にボールがホールインした

 

カップの縁で止まっているボールにアドレスしたら、ストロークする前にボールが動いてホールインした。

 

 

 

 

 

ノーペナルティ(無罰) または、1ペナルティ(1罰打)

 

 

 

<ルール>(2016年改訂) 
2016年規則では規則18-2bを削除し、アドレスした後かどうかには関係なく、プレーヤーの止まっているインプレーの球が動かされた場合、プレーヤーサイドに原因があればプレーヤーは1打の罰を受けてリプレースプレーヤーサイドに原因がなければ罰なしに新しい位置からプレーしなければならない

 

 

 

【処置(措置)】
ボールが風などによって自然に動いてしまった場合は、以前と異なり、ペナルティにはならず、新たにボールが止まった位置からプレーを続行する。
 
なので、ボールが動いた原因がプレイヤーに無い場合はホールインが認められる。

 

ボールが動いた原因がプレイヤー自身にある場合は、ホールインは認められず、1罰打を加えて元の位置にリプレースしてプレーする。

グリーン上でボールをリプレースした後にマーカーを残したままラインを読んだり、パットの準備をしていて、その状態でボールが動いた時には「新たにボールが止まった位置からプレーする」必要がある。

 

マーカーの前にボールをリプレースし終わった時点で、ボールはインプレーの状態になっている。

 

なので、
たとえマーカーを置いたままであっても、「ボールを元の位置に戻さずに、新たにボールが止まった位置からプレー」する必要がある。

 

この場合、
ボールを元の位置に戻してプレーをすれば、ボールを動かしてしまった後の「誤所からのプレーで2罰打」が科される。

 

<QUESTION>へ戻る

 

Aがパットしたボールがグリーンの端に置いてある旗竿に当たりそうになったのでBが取り除いた

 

Aがグリーン上からパットしたボールは、カップをオーバーしてグリーンの端っこにあった取り除かれた旗竿に当たりそうになったので、プレーヤーBがとっさに取り除き、ボールは旗竿に当たらなくて済んだ。

この場合罰はつくのか。

 

 

 

 

 

ノーペナルティ(無罰)

 

AにもBにも罰はつかない

 

 

 

<ルール>
ボールが動いているときは、そのボールの動きに影響を及ぼすかもしれない障害物は動かしてはならない。

 

ただし、
プレーヤーの携行品や、付き添われたり、取り除かれたり、差し上げられた旗竿は除く(規則 24-1)

 

 

 

【処置(措置)】
無罰でプレーを続行する。

 

 

もし、Aのボールが置かれていた旗竿に当たってしまっていたら、Aに2罰打が課せられます。(規則 17-3)

 

<QUESTION>へ戻る

 

グリーン上の自分のボールに近づいたとき、パターを落としてボールが動いてしまった

 

Aはパッティンググリーン上にある自分のボールをマークするために近づいた際に、不注意にも持っていたパターを落としてしまい、自分のボールを動かしてしまった。

この場合、Aに罰はつくのか。

 

 

 

 

 

2017年度からの特別なローカルルールが出ていなければ 1ペナルティ(1罰打)

 

特別なローカルルールが出ていれば無罰で元の位置にリプレース

 

 

ボールを元の位置にリプレースしないで動かされた場所からプレーしてしまうと2ペナルティ(2罰打)。

 

なお、
プレーヤーがボールを動かしてしまい、ボールを元の位置に戻さずにプレーをした場合は、ボールを動かしたことの1ペナルティ(1罰打)と 誤所からのプレーによる2ペナルティ(2罰打)がダブルで科され 3罰打になるのではなく、大きな方のペナルティである2罰打だけが科されることになる。

 

 

 

<ルール>
プレーヤーが自分のインプレーのボールを偶然動かしてしまった場合、1打の罰を受け、動かされたボールはリプレースしなければならない(規則 18-2)

 

リプレースを怠って動かされた場所からプレーしてしまうと2ペナルティ(2罰打)。

 

2017年度からパッティンググリーン上にあるインプレーの自分のボールを偶然動かしてしまった場合、無罰で元の位置へリプレースすることができるローカルルールを設けることができるようになった。

 

このローカルルールが出ているゲームでは、無罰でリプレースできるようになったが、あくまでローカルルールなので、このローカルルールが出ていなければ1ペナルティ(1罰打)を払わなければならない。

 

 

 

【処置(措置)】
特別なローカルルールが出ていなければ 1ペナルティ(1罰打)で元の位置にリプレースしてプレーを続ける。

 

特別なローカルルールが出ていれば無罰で元の位置にリプレースしてプレーを続ける。

 

<QUESTION>へ戻る

 

カップの縁に止まってしまったボールを見ていたら5秒後に自然に吸い込まれてくれた

 

Aはパーパットを打ったところ、ボールはホールのギリギリのところに止まった。

ボギーパットを打つためホールに近づき 5秒ほどそのボールを見ていたらなんと、そのボールが自然にホールに入った。

 

Aのホールインは認められるか。

 

 

 

 

 

10秒以内だったのでホールインが認められる

 

 

 
<ルール>
ボールの一部がホールからせり出している場合、プレーヤーは不当に遅れることなく、ホールに歩み寄る時間に加え、ボールが止まっているかどうかを確かめるために、さらに10秒間待つことができる
 
その間にボールが落ち込まなければ、そのボールは止まったものとみなされる。

 

 

前記の行動をとり、10秒過ぎてからホールに落ち込んだ場合は、ホールイン自体は認められるが、1ペナルティ(1罰打)を加えなくてはならない(規則 16-2 参照)
 
また、
「プレーヤーは不当に遅れることなくホールに歩み寄る時間」と書かれているように、ホールに歩み寄る時間をゆっくりとしたり、わざと時間をかけて歩み寄ったりした場合は、これが認められない。

 

 

 

【処置(措置)】
ホールインが認められる

 

<QUESTION>へ戻る

 

パットのアドレスをとった後に再度ラインを読み直していたらボールが自然に動いた

 

パットするためにアドレスしたが、ラインを読むためアドレスを解いてボールの後ろからラインを読んでいたらボールが自然に動き、ボールはカップに近づいて止まった。

罰は付くのか。

 

 

 

 

 

ノーペナルティ(無罰)

 

 

 

<ルール>(2016年 ルール改正)
アドレス後に自然にボールが動いた場合は、ボールが止まった場所から無罰でプレーしなければならない

 

 

 

【処置(措置)】
ボールが止まった場所から無罰でプレーしなければならない

 

2016年のルール改正について
2015年までは、ボールが動いてしまえばプレーヤーがボールを動かしてしまったとみなされて罰がついていた。

 

しかし、
2016年のルール改正により、アドレス後に自然にボールが動いた場合は、「ボールが止まった場所から無罰でプレーしなければならない」と変更された。

 

<QUESTION>へ戻る

 

パッティングしたらグリーンの外に置いておいた自分のタオルにボールが当たった【動画】

 

アプローチショットが旗竿(ピン)の手前の登りのラインにナイスオンした。

グリーンに上がる前に汗を拭いた自分のタオルをグリーンの手前に置いておき、登りのラインのパッティングをしたところ、カップをオーバー。
次の返しのパットは下り傾斜で思った以上に転がり、グリーンの外に置いておいた自分のタオルに当たってしまった。

 

 

 

 

 

1ペナルティ(1罰打)

 

 

 

<ルール>
自分の携帯品であるタオルやクラブにボールを当ててしまうと罰がつく(規則 19-2 参照)

 

 

(2008年 ルール改正)
自分のインプレーのボールが自分や自分のキャディー、さらに道具やカートなどといった、いわゆる自分や共用の携帯品に当たった場合は、例外はあるものの、基本1罰打のペナルティが科される。

 

 

 

【処置(措置)】
1ペナルティ(1罰打)を払い、ボールが止まった場所からプレーしなければならない

 

もし、
ボールがグリーンの外に置いておいたタオルの中か上に止まったときは、そのボールの真下にマークをして、タオルを取り除き、ホールに近づかないできるだけ近い所にそのボールをドロップしてプレーしなければならない

 

 

また、
それがグリーン上であった場合は、そのボールの真下にマークをして、タオルを取り除き、そのボールをプレースしてプレーしなければならない

 

 

グリーン上とグリーン外では処置の仕方が違う

 

スルーザグリーンあるいはハザード内の場合、球をその箇所にできるだけ近い所にドロップしなければならない。

 

また、
パッティンググリーン上の場合、ボールはその箇所にプレースされなければならない。

 

 

2008年のルール改正について

 

このケース、2007年までは2ペナルティ(2罰打)だったが、2008年のルール改正により、1ペナルティ(1罰打)と軽減された。

 

 

 

【ゴルフルール動画】

 

「パッティングのボールがタオルに」編
関雅史の3分間ゴルフルール

 

 

<QUESTION>へ戻る

 

関連ページ

ティーグラウンドのルール
ティーグラウンド(ティーインググラウンド・ティインググラウンド)のルールと処置、ペナルティをユーチューブの動画を交えて分かりやすく解説、説明しています。
スルーザグリーンのルール(その1)
スルーザグリーンとは? スルーザグリーンのQ&A、スルーザグリーンのルールと処置・措置・ペナルティをクイズ形式で解説・説明。(その1)
スルーザグリーンのルール(その2)
スルーザグリーンのQ&A、スルーザグリーンのルールと処置・措置・ペナルティをクイズ形式で解説・説明しています。(その2)
スルーザグリーンのルール(その3)
スルーザグリーンのQ&A、スルーザグリーンのルールと処置・措置・ペナルティをクイズ形式で解説・説明しています。(その3)
バンカーのルール(その1)
バンカー内のQ&A、バンカー内のルールと処置・措置・ペナルティをクイズ形式で解説・説明しています。(その1)
バンカーのルール(その2)
バンカー内のQ&A、バンカー内のルールと処置・措置・ペナルティをクイズ形式で解説・説明しています。(その2)
ウォーターハザードのルール(その1)
ウォーターハザードとは?、ラテラルウォーターハザードとは?。黄杭と赤杭の違い、池ポチャのルールと処置・措置・ペナルティをクイズ(Q&A)形式で解説・説明しています。(その1)
ウォーターハザードのルール(その2)
ウォーターハザード(黄杭)とラテラルウォーターハザード(赤杭)、池ポチャのルールと処置・措置・ペナルティをクイズ(Q&A)形式で分かりやすい解説・説明をしています。(その2)
グリーンのルール(その1)
グリーン上のQ&A。グリーンでのパットやボールのマーク、他人のボールに当たった場合のルールと処置・措置・ペナルティをクイズ形式で分かりやすい解説・説明をしています。(その1)
グリーンのルール(その2)
グリーン上のQ&A。グリーンでのパットやボールのマーク、他人のボールに当たった場合のルールと処置・措置・ペナルティをクイズ形式で分かりやすい解説・説明をしています。(その2)
ラウンド後のルール
ゴルフのアテストのQ&A。ラウンド後のスコアカードの提出時の注意点とルール。スコアカードの記入ミス(誤記・記入漏れ)や署名の仕方、提出後の処置・措置・ペナルティーをクイズ形式で分かりやすい解説・説明をしています。
その他のルール
ゴルフのプレー中に間違いやすいルールや、ルールに明文化されていない事態や疑問などの問題点(第2のボール、公認球、打順、中断の指示後のプレー、アドバイス、ギブアップなど)についての説明と処置(措置)の仕方とペナルティを分かりやすくQ&A(クイズ)形式で紹介しています。