このページの先頭へ

グリーン上でのQ&A(その1)


スポンサードリンク


 

グリーン 

 

Q&A

<QUESTION>

 

ホールアウトしたグリーン上で同伴者のパターを借りて練習した

 

順番を待つ間に、グリーンの横でパットの練習をした

 

他の人のプレー中に待ちきれないでパットした

 

グリーンの外だったので先に打った

 

グリーンエッジのボールを、マークして拾い上げた

 

ボールの一部がグリーンに触れているボールを拾い上げた

 

グリーンに乗ったボールを、マークせずに拾い上げた

 

パットの線をまたいでパッティングした

 

パターのソールで打ってカップインさせた

 

パター以外のクラブでパッティングをした

 

パットの線上に水たまりがあった

 

パットのライン上に水溜まりがあったので、タオルで拭き取った

 

パットのライン上の霜をタオルで拭き取った

 

パットの線上に生えている長い草を引き抜いた

 

 

ラウンド中、ホールアウトしたグリーン上で同伴者のパターを借りて練習した

 

前の組が渋滞しており、後ろの組もまだ来ていなかったので、ホールアウトしたグリーン上で同伴者のパターを借りて練習した

 

ノーペナルティ(無罰)

 

〈ホールアウトしたグリーン上でパターの練習をしたことについて〉

 

<ルール>
「ラウンド中の練習」の例外(規則7-2)

 

プレーヤーは次の場所やその近くではパッティングやチッピングの練習をすることができるという規定がある。

 

「最後にプレーしたホールのパッティンググリーン」
「練習パッティンググリーン」
「そのラウンドの次のホールのティーインググラウンド」

 

ただし、
そのことによりプレーを不当に遅らせた場合は違反となり、2罰打が課せられる(規則6-7)

 

 

〈同伴競技者のパターを借りて練習をしたことについて〉
 
「プレーヤーはスコアにカウントされるストロークを行うためにそのパターを使った訳ではない」ので、このケースではパターを借りたことは違反とはならない。

 

例えば、渋滞して打順を待つティの周辺で、同伴競技者が持っていたウェッジを借りて、軽くアプローチの練習をする、といったことも認められている。

 

 

【処置(措置)】
無罰でそのままプレーを続ける。

順番を待つ間に、グリーンの横でパットの練習をした

 

自分がピンに一番近いので、同伴競技者がパッティングしている間に、脇でボールを使って練習した。

 

2ペナルティ(2罰打)

 

<ルール>
ホールアウトするまでのプレー中に、練習ストロークはできない(規則 7-2)

 

グリーン上、カラー、その外側であっても全て1ホールのプレー中の練習は違反。

 

ラウンド中に練習ストロークが許されるのは、ホールとホールの間で、プレーを終えたばかりのグリーン。

 

さらに、次のホールのティーインググラウンド上やその付近の練習パッティンググリーンで、パッティングやチッピングの練習をする場合に限られる。

 

 

【処置(措置)】
2罰打を加え、そのままプレー。

他の人のプレー中に待ちきれないでパットした

 

同伴競技者のプレーが遅く、そのボールが止まる前に自分のボールを打ってしまった。

 

2ペナルティ(2罰打)

 

<ルール>
他のプレーヤーのボールが動いているときにプレーしてはならない(規則 16-1f)

 

 

【処置(措置)】
2罰打を加え、そのままプレー。

グリーンの外だったので先に打った

 

グリーンに乗った同伴競技者のボールより、乗らなかった自分のボールの方がカップに近かったが、外からなので先に打った。

 

ノーペナルティ(無罰)

 

<ルール>
「遠球先打」は原則だが、プレーのスムーズな進行を優先しても良い(規則 10-2)

 

ただし、
マッチプレーでは、対戦相手に「やり直しを求める権利」があり、「要求」があれば、そのプレーを取り消して正しい順番で打ち直さなければならない。

 

 

【処置(措置)】
無罰で、そのままプレー。

グリーンエッジのボールを、マークして拾い上げた

 

ボールが、グリーンのカラーの部分に止まっていたので、グリーンの一部だと思い、マークして拾い上げた。

 

1ペナルティ(1罰打)

 

<ルール>
カラーの部分に止まっているボールは拾い上げられない(定義44 規則 18-2a)

 

 

【処置(措置)】
1罰打を加え、リプレースしてプレーを続ける。

ボールの一部がグリーンに触れているボールを拾い上げた

 

ボールがカラーとの境目で止まった。

カラーの芝の上に止まっていたが、グリーンの芝にも触れていたので、拾い上げたのだが・・・。

 

ノーペナルティ(無罰)

 

<ルール>
グリーン面にボールが一部でも触れていれば、グリーン上と認められる(定義44)

 

 

【処置(措置)】
無罰で、そのままプレー。

グリーンに乗ったボールを、マークせずに拾い上げた

 

同伴競技者がパッティングしようとしていたので、あわててマークをせずに自分のボールを拾い上げてしまった。

 

1ペナルティ(1罰打)

 

<ルール>
グリーンに乗ったボールを拾い上げる時は、リプレースできるようマークしなければならない(規則 20-1)

 

マークする動作によって、ボールやマーカーが偶然に動いてしまった場合は、無罰でリプレースできる。
それ以外の場合で動かすと1罰打がつく。

 

 

【処置(措置)】
1罰打を加え、リプレースしてプレーを続ける。

パットの線をまたいでパッティングした

 

「お先に」のパットで、同伴競技者のラインを踏みそうだったので、自分のパットのラインをまたいでタップインした。

 

ノーペナルティ(無罰)

 

<ルール>
このような状況下で、パットの線をまたいでストロークしても罰は無い(規則 16-1e 例外)

 

 

基本的には、自分のパットの線上をまたいでのストロークは規則違反となる。

 

しかし、
2006〜2007年R&A/USGA合同裁定集で、そのような行為が不注意によるものや、他のプレーヤーのパットの線上に立たないようにするものであった場合は、罰は無いという解釈が示された。(2008年に明確化された)

 

 

【処置(措置)】
無罰で、そのままプレー。

パターのソールで打ってカップインさせた

 

短いパットだったので、ビリヤードのキューを持つようにして、ヘッドのソールで突いてカップインさせた。

 

2ペナルティ(2罰打)

 

<ルール>
パターヘッドのどの部分を使っても良いが、正しい打ち方をしなければならない(規則 14-1)

 

ビリヤードのように「押し出した」場合には、「正しい打ち方」とは認められない。

 

 

【処置(措置)】
2罰打を加え、リプレースしてプレーを続ける。

パター以外のクラブでパッティングをした

 

パターが手元に無かったので、カートへ取りに行くよりも進行が早いと思い、持っていたウエッジで打った。

 

ノーペナルティ(無罰)

 

<ルール>(規則 14-1)
規則上では必ずパターを使わなければならない、という条項はない。

 

 

【処置(措置)】
無罰で、そのままプレー。

パットの線上に水たまりがあった

 

グリーン上で、パットの線上に水たまりがあった。

カジュアルウォーターの救済を受けたいのだが・・・。

 

ノーペナルティ(無罰)で救済を受けられる

 

<ルール>
グリーン上に水たまりがある場合は、その部分の影響を受けない場所を選んで救済を受けられる(規則 25-1)

 

 

グリーン上に水溜まりが広がっている場合は、最大限の救済が受けられる場所にプレースすることができる。

 

この場合、グリーンの外となっても良い。
 

 

【処置(措置)】
無罰で、水たまりの影響を避ける位置にプレースしてプレー。
 
ハザード以外の所で、プレーヤーのパットの線上に水溜まりがかからず、ホールに近づかない場所で、元の位置に最も近い所にプレースできる。
 
 
関連記事
カジュアルウォーター 【casual water】

パットのライン上に水溜まりがあったので、タオルで拭き取った

 

パットのライン上に水溜まりがあった。

ボールの転がりに影響があるので、タオルで拭き取ってからパッティングした。

 

2ペナルティ(2罰打)

 

<ルール>
パットの線上の水溜まりを拭き取ることはできない(規則 16-1a)

 

パットの線に触れた事での反則で、2ペナルティー。

 

 

【処置(措置)】
2罰打を加え、そのままプレーを続ける。

パットのライン上の霜をタオルで拭き取った

 

冬場のグリー面に、まだ霜が残っていた。

パットのライン上にあったので取り除いてから打った。

 

2ペナルティ(2罰打)

 

<ルール>
霜と露は、カジュアルウォーターでもルースインペディメントでもないため、救済は受けられない(規則 16-1a)

 

 

【処置(措置)】
2罰打を加え、そのままプレーを続ける。

パットの線上に生えている長い草を引き抜いた

 

パットのライン上に1本、刈り残しの芝の葉が生えていた。

邪魔なので、それを引き抜いてからパッティングした。

 

2ペナルティ(2罰打)

 

<ルール>
パットの線上の草の葉などを引き抜くことはできない(規則 16-1、13-2)

 

パットの線に触れることの禁止、もしくはパットの線の改善の禁止に違反するため、葉を引き抜いたり、踏みつけてならすことは認められない。

 

パットの線に触れても良いのは、

  1. グリーン上にある砂や、ルースインペディメントを取り除く。
  2. ボールにアドレスする。
  3. ボールとホールの距離を測る。
  4. ボールを拾い上げる。
  5. マーカーを置く。
  6. ホールの埋め跡やボールマークを修理する。
  7. 動かせる障害物を取り除く。

という場合に限られる。

 

 

【処置(措置)】
2罰打を加え、そのままプレーを続ける。

 

 

スポンサードリンク






関連ページ

ティーグラウンドのルール
ティーグラウンド(ティーインググラウンド・ティインググラウンド)のルールと処置、ペナルティをユーチューブの動画を交えて分かりやすく解説、説明しています。
スルーザグリーンのルール(その1)
スルーザグリーンとは? スルーザグリーンのQ&A、スルーザグリーンのルールと処置・措置・ペナルティをクイズ形式で解説・説明。(その1)
スルーザグリーンのルール(その2)
スルーザグリーンのQ&A、スルーザグリーンのルールと処置・措置・ペナルティをクイズ形式で解説・説明しています。(その2)
スルーザグリーンのルール(その3)
スルーザグリーンのQ&A、スルーザグリーンのルールと処置・措置・ペナルティをクイズ形式で解説・説明しています。(その3)
バンカーのルール(その1)
バンカー内のQ&A、バンカー内のルールと処置・措置・ペナルティをクイズ形式で解説・説明しています。(その1)
バンカーのルール(その2)
バンカー内のQ&A、バンカー内のルールと処置・措置・ペナルティをクイズ形式で解説・説明しています。(その2)
ウォーターハザードのルール(その1)
ウォーターハザードとは?、ラテラルウォーターハザードとは?。黄杭と赤杭の違い、池ポチャのルールと処置・措置・ペナルティをクイズ(Q&A)形式で解説・説明しています。(その1)
ウォーターハザードのルール(その2)
ウォーターハザード(黄杭)とラテラルウォーターハザード(赤杭)、池ポチャのルールと処置・措置・ペナルティをクイズ(Q&A)形式で分かりやすい解説・説明をしています。(その2)
グリーンのルール(その2)
グリーン上のQ&A。グリーンでのパットやボールのマーク、他人のボールに当たった場合のルールと処置・措置・ペナルティをクイズ形式で分かりやすい解説・説明をしています。(その2)
グリーンのルール(その3)
グリーン上のQ&A。グリーンでのパットやボールのマーク、他人のボールに当たった場合のルールと処置・措置・ペナルティをクイズ形式で分かりやすい解説・説明をしています。(その3)
ラウンド後のルール
ゴルフのアテストのQ&A。ラウンド後のスコアカードの提出時の注意点とルール。スコアカードの記入ミス(誤記・記入漏れ)や署名の仕方、提出後の処置・措置・ペナルティーをクイズ形式で分かりやすい解説・説明をしています。
その他のルール
ゴルフのプレー中に間違いやすいルールや、ルールに明文化されていない事態や疑問などの問題点(第2のボール、公認球、打順、中断の指示後のプレー、アドバイス、ギブアップなど)についての説明と処置(措置)の仕方とペナルティを分かりやすくQ&A(クイズ)形式で紹介しています。