このページの先頭へ

ドロップの正しい方法とは?


スポンサードリンク


 

ドロップの正しい仕方(やり方)

 

ホールとボールを結んだ後方線上に、腕を伸ばして肩の高さからまっすぐ落とす。

 

ボールのドロップは自ら行わなければならない。

 

ドロップしたボールは手から離れた時点でインプレーとなる。

 

そのボールが再びアンプレアブルの状況になっても、罰なしで再ドロップはできない。

 

正しい方法でドロップしなかった場合は、ストローク前であれば無罰で訂正できるが、ストロークした場合は1打罰が加わる。

 

2回ドロップしてダメならプレースする

ドロップしたボールが次のようになった場合は、再ドロップする。

  • ハザード内に転がり込んで止まった
  • ハザード内から転がり出て、ハザード外にとまったとき
  • グリーン上に転がり込んだとき
  • OB区域内に転がり込んだとき
  • 救済を受けた状態に、また転がり戻ってとまったとき
  • ドロップして最初に落ちた地点から2クラブレングス以上転がったとき
  • ニアレストポイントやドロップするための範囲を決めた基点よりホール近くに転がったとき

以上の場合、
再ドロップをして、そのボールが再び同じ状況となる場合は、

 

「再ドロップの際にボールがコース上に最初に落ちた場所にできるだけ近いところにプレースする」。

 

その方法に従わない場合は、2罰打が付く。

 

[動画]
ゴルフ カートパスからのボールドロップの仕方

 

 

 

何度でもやり直さなければならない状況もある

  1. ドロップしたボールが地面に落ちる前やあとで、プレーヤーやそのキャディー、携帯品に触れたとき

  2. ボールをドロップする際、スルーザグリーンやハザード内などドロップすべきコース上の場所に落ちなかったとき

 

1や2の場合は、無罰で再ドロップしなければならない。

 

これらの場合は、何度再ドロップしてもかまわない。

 

これらの場合、再ドロップせずにそのままプレーをすると、「誤所からのプレー」となり、2罰打となる。

スポンサードリンク






関連ページ

ボールが動いた時の処置
ゴルフでボールが動いた時の処置・措置、ペナルティー・罰打。ボールが動いた時の様々なケース別に分かりやすく解説、説明しています。
動かせる障害物からノーペナルティー(無罰)で受けられる救済
ゴルフでボールが動かせる障害物の中に入ったり、上に乗っている場合のルール上の救済、処置、ペナルティー、罰打の解説、説明。
動かせない障害物からノーペナルティー(無罰)で受けられる救済
ゴルフで動かせない障害物によってスタンスやスイングができない場合、もしくは動かせない障害物の上や中にある場合のルール上の救済、処置をユーチューブの動画を交えて分かりやすく解説、説明しています。
異常なグラウンド状態からノーペナルティー(無罰)で受けられる救済
ゴルフで異常なグラウンド状態の場所、またはそれらに近接した場所にあるため、スタンスやスイングの妨げになる場合の救済、処置、ペナルティー、罰打の解説、説明。
アンプレヤブル宣言とその処置
アンプレヤブル宣言の仕方と処置をユーチューブの動画を交えて分かりやすく解説、説明しています。
ウォーターハザード処置とは?
ゴルフのウォーターハザードの意味と救済・処置、ラテラルウォーターハザードの意味と救済・処置、ウォーターハザードとラテラルウォーターハザードの違いとルール上の救済の救済・処置をユーチューブの動画を交えて分かりやすく解説、説明しています。
マークとリプレースの正しい方法とは?
ゴルフのプレー中において、ボールをリプレースするための場所を確定するマークとリプレースの仕方、方法の解説、説明。