このページの先頭へ

バンカーのQ&A(その2)


スポンサードリンク


 

バンカー2 

 

Q&A

<QUESTION>

 

バンカーからのOB後、砂をならしてからドロップした

 

バンカー内にドロップすると砂に埋まりそうなのでプレースした

 

バンカーショット後にクラブで砂を叩いたら、ボールが戻ってきた

 

バンカー内でのバックスイングでクラブが後ろの砂に触れた

 

クラブヘッドがバンカー内にあった小枝に触れた

 

バンカー内で素振りをしたら、クラブヘッドが砂に触れた

 

バンカー内の草の上にボールが止まった

 

ボールがバンカーのあごにめり込んだので、アンプレヤブルでバンカー外にドロップした【動画】

 

バンカー内でドロップしたボールが目玉になったので再ドロップした

 

バンカー内の水たまりにボールが入ってしまい、クラブでボールをかき寄せて拾った

 

満水のバンカーに入ったボールを、バンカー外にドロップした

 

バンカー内の水たまりに入ったので1クラブレングス内のラフにドロップした

 

バンカー内で打ったボールがバンカーの土手に当たり、自分に当たった

 

バンカー内に置いたクラブに打球が当たった

 

バンカー内でスタンスを固めようとしたらボールが動いた

 

バンカーからボールを出した後に練習をした

 

バンカー内でボールから離れたところで練習スイングをした

 

隣のバンカーで練習してからバンカーショットをした

 

 

バンカーからのOB後、砂をならしてからドロップした

 

バンカーショットがトップしてOBとなった。

1打付加してドロップしたのだが、その前にバンカーをならしておいた。

 

ノーペナルティ(無罰)

 

<ルール>
バンカー内の砂に触れたりする事を禁止しているのは、「ボールがバンカー内にあるか、これに触れている時」。
 
したがって、この場合は砂をならしても罰は無い。

 

 

【処置(措置)】
そのままプレー。

バンカー内にドロップすると砂に埋まりそうなのでプレースした

 

柔らかいバンカーなので、ドロップすると目玉になりそうだった。

そうならないようにプレースした。

 

ここまでは、ノーペナルティ(無罰)
 
訂正しない場合は、2ペナルティ(2罰打)

 

<ルール>
適用規則の処置違反!

 

プレーする前であれば、無罰で拾い上げ、やり直せる。

 

 

【処置(措置)】
無罰でやり直す(ドロップする)。

 

訂正しない場合は2罰打を加え、そのままプレー。

バンカーショット後にクラブで砂を叩いたら、ボールが戻ってきた

 

バンカーから出るには出たが、思ったところに行かず悔し紛れにクラブで砂を叩いたところ、その後にボールがバンカーに戻った。

 

ノーペナルティ(無罰)

 

<ルール>
ボールがバンカー内にある時に、クラブで地面に触れてはいけない(規則 13-4)

 

今回は、これに当てはまらない。

 

 

【処置(措置)】
そのままプレー。

 

ただし、
ボールがまた戻ってきた時に、クラブを叩きつけていたとすると「2罰打」。

バンカー内でのバックスイングでクラブが後ろの砂に触れた

 

バンカーに入ったボールの後方の砂が盛り上がっていた。

バックスイングでヘッドがそれに当たったが、そのままボールを打った。

 

2ペナルティ(2罰打)

 

<ルール>
ダウンスイングに入るより前にクラブが砂に触れるのはペナルティー(規則 13-4)

 

ストロークの前にクラブがバンカー内の地面やルースインペディメントに触れると2罰打。

 

ストロークとは、ボールを打って動かす意思を持って行うクラブの前方への動きのことを言う。
 
なので、バックスイングはれっきとした「ストロークの前」。

 

 

【処置(措置)】
2罰打を加え、そのままプレー。

クラブヘッドがバンカー内にあった小枝に触れた

 

バックスイングをしたらバンカー内に落ちていた枯れ枝にヘッドが触れてしまった。

 

2ペナルティ(2罰打)

 

<ルール>
バンカー内にある枯れ枝などにストロークを行う前に触れると罰を受ける(規則 13-4)

 

ストロークの前にクラブがバンカー内の地面やルースインペディメントに触れると2罰打。

 

ストロークとは、ボールを打って動かす意思を持って行うクラブの前方への動きのことを言う。
 
なので、バックスイングはれっきとした「ストロークの前」。

 

 

【処置(措置)】
2罰打を加え、そのままプレー。

バンカー内で素振りをしたら、クラブヘッドが砂に触れた

 

イメージを出すためにバンカー内で素振りをしていたら、たまたまヘッドが砂に触れてしまった。

 

2ペナルティ(2罰打)

 

<ルール>
素振りでバンカー内の砂に触れるとペナルティー(規則 13-4)

 

 

【処置(措置)】
2罰打を加え、そのままプレー。

バンカー内の草の上にボールが止まった

 

バンカーの縁で砂の上にせり出した草の上にボールが乗っていた。

アドレスの時に、その草にクラブが触れてしまった。

 

ノーペナルティ(無罰)

 

<ルール>
バンカーの限界は、上方には及ばない(定義9、規則 13-4)

 

バンカーの縁や、バンカーの内部で、草に覆われている地面は、バンカーではない。

 

 

【処置(措置)】
無罰で、そのままプレー。

ボールがバンカーのあごにめり込んだので、アンプレヤブルでバンカー外にドロップしてプレーした【動画】

 

ボールがバンカーのあごの部分にめり込んでいた。

そこから、2クラブレングス以内の、バンカーの外にアンプレヤブルの処置でドロップしてプレーした。

 

2ペナルティ(2罰打)

 

<ルール>
誤所からのプレーとなり、重大な違反なので訂正処置をしないと競技失格(規則 28)

 

バンカーの「あご」と呼ばれる部分は、草の生えていない部分であるから、バンカーの一部である。

 

 

【処置(措置)】
誤所からのプレーの2罰打を加え、バンカー内部にドロップし直してプレー。

 

これをしないと競技失格。

【動画】
ゴルフの規則
バンカー内でのアンプレヤブル(アンプレアブル)

 

 

バンカー内でドロップしたボールが目玉になったので再ドロップした

 

柔らかいバンカーでドロップしたら目玉になってしまった。

これでは救済にならないと思い再ドロップした。

 

1ペナルティ(1罰打)

 

<ルール>
バンカー内でのドロップの結果が地面にめり込んでも救済は受けられない(規則 182a、20-3b)

 

 

【処置(措置)】
1罰打を加え、初めにドロップした目玉のライを復元し、プレースしてプレー。

 

この場合、
すでにインプレーになっているボールに触れて動かしたことになるので1罰打となる。

バンカー内の水たまりにボールが入ってしまい、クラブでボールをかき寄せて拾った

 

ボールがバンカー内のカジュアルウォーターに入ってしまい、手を濡らしたくなかったのでクラブでボールをかき寄せた。

その際、クラブがバンカー内の砂には触れなかった。

 

ノーペナルティ(無罰)

 

<ルール>
バンカー内の砂に触れていないので、無罰(規則13-4b)(2004年追加、2012年小改訂)

 

さらに、
バンカー内の水たまりはカジュアルウォーターであり、ウオーターハザードではない。

 

よって、
バンカー内のカジュアルウォーターにクラブや手が触れても無罰(規則裁定 13-4/7)

 

 

【処置(措置)】
バンカー内のカジュアルウォーターの処置をとってプレーを続ける。

 

 

関連記事
カジュアルウォーター 【casual water】(「バンカー内にある場合」を参照)

満水のバンカーに入ったボールを、バンカー外にドロップした

 

雨上がりで、バンカー内が満水だった。

そこに打ち込んでしまったが、ドロップする場所が無いので、バンカーの外にドロップした。

 

1ペナルティ(1罰打)

 

<ルール>
バンカー内のカジュアルウォーターの処置では、1罰打付加してバンカー外の後方線上にドロップできる(規則 25-1b)

 

 

【処置(措置)】
後方線上にドロップした場合は1罰打付加して、そのままプレー。

 

この場合、
バンカー内のカジュアルウォーターの処置でも1罰打なので、アンプレヤブルとして元の位置に戻るという選択肢もある。

 

無罰で済ます方法としては、
そのまま打つか、ホールに近づかない水の一番浅い所にドロップすることもできる。

バンカー内の水たまりに入ったので1クラブレングス内のラフにドロップした

 

バンカー内の水たまりにボールが入った。

そこから1クラブレングスを探したら、バンカーの外のラフになったが、かまわずドロップした。

 

ノーペナルティ(無罰) または、1ペナルティ(1罰打) または、競技失格!

 

<ルール>
罰無しにバンカー内のボールの救済を受けて、バンカー外へドロップすることはできない(規則 25-1b)

 

 

【処置(措置)】
バンカー外にドロップしたボールを、まだ打っていなければ、無罰で正しい場所にドロップしなおして、プレー。

 

または、
バンカー内のカジュアルウォーターの措置として、1罰打付加してバンカー外の後方線上にドロップしてプレー。

 

今回のような場合、
訂正しないと競技失格。

 

 

バンカー内で救済を受ける場合、バンカー内にドロップするのが基本。

バンカー内のカジュアルウォーターの救済を受ける場合、罰無しにドロップできるのは、

  1. そのハザード内でホールに近づかない所へドロップ。
  2. 障害を避けられる、ボールから最も近いハザード内の地点(ニアレストポイント)を決め、そこからホールに近づかない1クラブレングス以内にドロップ。

 

バンカー内で打ったボールがバンカーの土手に当たり、自分に当たった

 

バンカーショットをしたら土手ではね返って足元にボールが触れた。

しかも足をどけたら足跡に転がり込んでしまった。

 

1ペナルティ(1罰打)

 

<ルール>(2008年改正)
バンカー内で戻ってきた自分のボールに当たると罰を受ける(規則 19-2)

 

2008年から、動いているボールが自分の体に当った場合は、2罰打から1罰打になった。

 

 

【処置(措置)】
自分の体に当った1罰打を付加して、当たったボールは足に触れて止まったところにリプレースして打つ。

 

この場合、
足をどけてボールが動いたことに関しての追加の罰は無い。

バンカー内に置いたクラブに打球が当たった

 

ウエッジを2本持ってバンカーに入り、1本を砂の上に置いてから打ったら、ボールが戻ってきて置いていたクラブに当たった。

 

1ペナルティ(1罰打)

 

<ルール>
ハザードの中でも自分の体、携帯品、キャディーに当たるのは反則となる(規則 19-2)

 

 

【処置(措置)】
クラブに当たった1罰打を加え、クラブを取り除いて、そのままプレー。

 

クラブを取り除く際にボールが動いた場合、罰無しで元の位置にリプレースしてから打つ。

 

 

クラブではなく、レーキなどの動かせる障害物の場合は、たとえ後でならすために自分が持ち込んだものであっても罰は無い。

バンカー内でスタンスを固めようとしたらボールが動いた

 

バンカー内のボールに対して、スタンスを固めようとしていたら、ボールが動いた。

 

1ペナルティ(1罰打)

 

<ルール>
バンカー内で足を砂に潜らせたり、固めている間にボールが動くのは反則(定義2 規則 18-2b)

 

 

【処置(措置)】
1罰打を加え、リプレースしてプレー

バンカーからボールを出した後に練習をした

 

バンカーショットが成功したが、納得できなかった。

そこで、ボール無しでバンカーショットの練習をした。

 

ノーペナルティ(無罰)

 

<ルール>
ボールが出た後、バンカー内で練習の素振りをしても構わない(規則 13-4)

 

 

【処置(措置)】
そのままプレー。

バンカー内でボールから離れたところで練習スイングをした

 

バンカーショットをする前に、ボールから離れた所で、イメージをつかむためにバンカーショットの練習スイングをした。

 

2ペナルティ(2罰打)

 

<ルール>
バンカー内にボールがある時に砂の状態のテストをすることはできない(規則 13-4)

 

 

【処置(措置)】
2罰打を加え、そのままプレー。

ボールから離れた位置で、砂にクラブをつけない練習スイング、あるいはクラブを持たない練習スイングでも、スタンスをしっかりとって行うと、砂質のテストとみなされ「2ペナとなる。

隣のバンカーで練習してからバンカーショットをした

 

隣のバンカーなら砂質のテストにはならないと思い、そこで練習スイングをした。

 

2ペナルティ(2罰打)

 

<ルール>
隣のバンカーであろうと、砂質のテストとなり、違反(規則 13-4)

 

ハザード内にあるボールをプレーする前の違反を記した規則条文(規則 13-4)に、「そのハザードや、他の同じようなハザードの状態をテストすること」とある。

 

 

【処置(措置)】
2罰打を加え、そのままプレー。

 

スポンサードリンク



関連ページ

ゴルフのマナー・エチケット
ゴルフのマナーやエチケットをユーチューブの動画を交えて分かりやすく解説、説明しています。
ティーグラウンドのルール
ティーグラウンド(ティーインググラウンド・ティインググラウンド)のルールと処置、ペナルティをユーチューブの動画を交えて分かりやすく解説、説明しています。
スルーザグリーンのルール(その1)
スルーザグリーンとは? スルーザグリーンのQ&A、スルーザグリーンのルールと処置・措置・ペナルティをクイズ形式で解説・説明。(その1)
スルーザグリーンのルール(その2)
スルーザグリーンのQ&A、スルーザグリーンのルールと処置・措置・ペナルティをクイズ形式で解説・説明しています。(その2)
スルーザグリーンのルール(その3)
スルーザグリーンのQ&A、スルーザグリーンのルールと処置・措置・ペナルティをクイズ形式で解説・説明しています。(その3)
バンカーのルール(その1)
バンカー内のQ&A、バンカー内のルールと処置・措置・ペナルティをクイズ形式で解説・説明しています。(その1)
ウォーターハザードのルール(その1)
ウォーターハザードとは?、ラテラルウォーターハザードとは?。黄杭と赤杭の違い、池ポチャのルールと処置・措置・ペナルティをクイズ(Q&A)形式で解説・説明しています。(その1)
ウォーターハザードのルール(その2)
ウォーターハザード(黄杭)とラテラルウォーターハザード(赤杭)、池ポチャのルールと処置・措置・ペナルティをクイズ(Q&A)形式で分かりやすい解説・説明をしています。(その2)
グリーンのルール(その1)
グリーン上のQ&A。グリーンでのパットやボールのマーク、他人のボールに当たった場合のルールと処置・措置・ペナルティをクイズ形式で分かりやすい解説・説明をしています。(その1)
グリーンのルール(その2)
グリーン上のQ&A。グリーンでのパットやボールのマーク、他人のボールに当たった場合のルールと処置・措置・ペナルティをクイズ形式で分かりやすい解説・説明をしています。(その2)
グリーンのルール(その3)
グリーン上のQ&A。グリーンでのパットやボールのマーク、他人のボールに当たった場合のルールと処置・措置・ペナルティをクイズ形式で分かりやすい解説・説明をしています。(その3)
ラウンド後のルール
ゴルフのアテストのQ&A。ラウンド後のスコアカードの提出時の注意点とルール。スコアカードの記入ミス(誤記・記入漏れ)や署名の仕方、提出後の処置・措置・ペナルティーをクイズ形式で分かりやすい解説・説明をしています。
その他のルール
ゴルフのプレー中に間違いやすいルールや、ルールに明文化されていない事態や疑問などの問題点(第2のボール、公認球、打順、中断の指示後のプレー、アドバイス、ギブアップなど)についての説明と処置(措置)の仕方とペナルティを分かりやすくQ&A(クイズ)形式で紹介しています。