このページの先頭へ

ボールが動いた時の処置


スポンサードリンク


 

静止しているゴルフボールが何らかの原因で動くことがある。

 

ボールが動いたといっても様々なケースがある。

 

特殊なケース(例外規定)を除き、ボールが動いた理由によって、その処置の仕方も異なる。

 

この処置の仕方を間違えると、多くの場合「誤所からのプレー」で2罰打という大きなペナルティが科されるので、当該ルールに関する“ 最新の知識 ”が必要である。

 

 

 

ボールが動いた時のルールと措置

 

規則 18
「止まっている球が動かされた場合」 (Ball at Rest Moved)

 

近年(〜2016)のルールの改訂・改正・変更

 

(2012年のルール改訂)
アドレス後に自然にボールが動いた場合は罰則が適用されていたが、『無罰』に変更された。

 

 

(2014年のルール改訂)
HDTVなどでボールが動いたことが確認できても、裸眼で合理的にそれを認識することができないようなものであれば、ルール上の裁定は「ボールが動いたことにはならない」となった。

 

 

(例外措置)
ボールを捜す、マークする行為の時にボールが動くケースに対して例外規定がある。

 

 

(2016年のルール改訂)
2016年規則では規則18-2bを削除し、アドレスした後かどうかには関係なく、プレーヤーの止まっているインプレーの球が動かされた場合、プレーヤーサイドに原因があればプレーヤーは1打の罰を受けてリプレース、プレーヤーサイドに原因がなければ罰なしに新しい位置からプレーしなければならない。

 

 

ボールが動いた時の処置のルールでは、その理由を
「1、自分/2、局外者/3、自然/4、例外規定」
の いずれかに 起因するものとし、処置の仕方と罰則を定めている。

 

 

1の「自分」とは、
プレーヤー自身とそのキャディー、そして、チームでするゲームの場合はそのパートナーが含まれる。

 

さらに、カート(共用カート・乗用を含む)など、その携帯品が動いたためにボールが動けば、プレーヤー自身が動かした時と同様の処置が必要となり、罰則が適用される。

 

 

2の局外者とは、
チームプレーのパートナー以外の同伴競技者、その他の競技者やそれらのキャディー、観客、動物、鳥、風で飛んできた来た物体、他のプレーヤーのボールなどが含まれる。

 

 

3の自然とは、
風が最も代表的なものであり、地震もこの部類になる。

 

また、理由が分からないが ボールが動いてしまったケースも含まれる。

 

 

4の例外規定とは、
プレーヤー自身がボールを動かす理由になっているが それがバンカーの砂、ウォーターハザードの水、障害物、異常なグラウンド状態の中にあるボールを捜している時、また、ルールに則ってボールをマークする行為による場合などが含まれる。

ボールが動いた時の具体的な事例と処置

 

以下は、様々な理由で「ボールが動いた時のルールと処置・措置」についての具体的な事例ページへのリンクです。

 

【ティーグラウンドのルール】のページ内

空振りして動いたボールを、またティーアップしてしまった

 

素振りをしたらボールが動いてしまった

 

 

【スルーザグリーンのルール(その1)】のページ内

ラフでボールを探していたら自分のゴルフボールを蹴とばした【動画】

 

誰かの紛失球だと思い、ボールを拾い上げたら、同伴競技者のものだった

 

小枝を取り除いたらゴルフボールが動いてしまった【動画】

 

木の枝にひっかかったボールを揺すって落とした

 

素振りをしたら、ボールにゴルフクラブが触れて動いた

 

ゴルフクラブのヘッドがボールに触れて動いたが元に戻った

 

空振りのあと、戻したクラブでボールを後ろに動かした

 

打とうとしたらボールが動いたので、スイングをやめた

 

スイング中にボールが動いたが、そのまま打った

 

アドレスしたら、ボールが動いてOB区域に入った

 

ラフでアドレスしたら、ボールが沈み込んだ

 

アドレスしようとしたら、風が吹いてボールが動いた

 

 

【スルーザグリーンのルール(その2)】のページ内

修理地内にボールが入り、草をどかしたらボールが動いた

 

 

【バンカーのルール(その1)】のページ内

バンカー外でレーキをどかしたら、ボールがバンカーに入った

 

 

【バンカーのルール(その2)】のページ内

ショット後にクラブで砂を叩いたら、ボールが戻ってきた

 

スタンスを固めようとしたらボールが動いた

 

 

【ウォーターハザードのルール(その2)】のページ内

小川に入ったボールが流されてOB区域に入った

 

小川の中のボールをOB区域の手前で拾い上げた

 

小川の中に打ち込んだボールが動いていたが、そのまま打った

 

 

【グリーンのルール(その2)】のページ内

マークを拾い上げる時に、ボールが動いた

 

 

スポンサードリンク






関連ページ

動かせる障害物からノーペナルティー(無罰)で受けられる救済
ゴルフでボールが動かせる障害物の中に入ったり、上に乗っている場合のルール上の救済、処置、ペナルティー、罰打の解説、説明。
動かせない障害物からノーペナルティー(無罰)で受けられる救済
ゴルフで動かせない障害物によってスタンスやスイングができない場合、もしくは動かせない障害物の上や中にある場合のルール上の救済、処置をユーチューブの動画を交えて分かりやすく解説、説明しています。
異常なグラウンド状態からノーペナルティー(無罰)で受けられる救済
ゴルフで異常なグラウンド状態の場所、またはそれらに近接した場所にあるため、スタンスやスイングの妨げになる場合の救済、処置、ペナルティー、罰打の解説、説明。
アンプレヤブル宣言とその処置
アンプレヤブル宣言の仕方と処置をユーチューブの動画を交えて分かりやすく解説、説明しています。
ウォーターハザード処置とは?
ゴルフのウォーターハザードの意味と救済・処置、ラテラルウォーターハザードの意味と救済・処置、ウォーターハザードとラテラルウォーターハザードの違いとルール上の救済の救済・処置をユーチューブの動画を交えて分かりやすく解説、説明しています。
ドロップの正しい方法とは?
ゴルフのトラブル処置で、ドロップと再ドロップの正しい仕方と救済、処置の解説、説明。
マークとリプレースの正しい方法とは?
ゴルフのプレー中において、ボールをリプレースするための場所を確定するマークとリプレースの仕方、方法の解説、説明。
雪の中のボールの救済処置
ゴルフで雪の中にボールがすっぽり埋まってしまった場合の救済処置(救済措置)を説明しています。